巨星落つ

1)肉親や家族、恋人や親友を失った時の悲しみ。
2)恩人や旧友、親戚や親しい人を亡くした時の悲しみ。
3)知り合いの死を知った時の悲しみ。
4)他人の死を知った時の悲しみ。


聖人君子の心はわからないけれど、
一般人の感情でいえば上記の悲しみには順序かあります。

志村けん死去の報を聞いて、
彼の肉親や真近で仕事をした人は号泣したでしょうが、
我々は交友関係や血のつながりがあったわけではない。
芸能人の死の報なんて本来、大ファンでもなければ、
上記の序列でいえば、3~4番目の悲しみ程度の筈。
しかしながら志村の死の報に日本国民の大半以上が、
上記2番目の悲しみを抱いたのではないか?
志村!後ろ!後ろ!」と叫び、
早口言葉」「ひげダンス」を真似た世代。
研ナオコとのコント」で笑った世代。
うんじゃらげ」の数え歌を歌った世代。
あい~ん!」を真似た世代。
志村動物園」で微笑んだ世代。
そして多くの「バカ殿」で笑った世代。
好き嫌いに関係なくTVで彼を観て育った世代は、
この報を聞いて、担任の先生、小学校の頃に遊んだ友達、
近所のおじさん、親戚のおじさんやお兄さんが、
亡くなったと聞いた時のような悲しみを感じたはず。
少なくとも、田舎にあった店が閉店していた時の、
なんとも言えない虚無感は感じた事でしょう。

不謹慎ながらこれだけの悲しみを、
大ファン以外の人々に与える芸能人を、
色々と想像してみますが、全然思い当たらない。
こういう人の事を巨星というのでしょう。

TVをつけるとたまたま「バカ殿」が放送されていて、
バカ殿ってまだやってんだ?」と憎まれ口言いつつ、
やってる事に安心していた大人になった我々は、
故郷をひとつ失ってしまいました。

突如として訪れた時代の終焉。

それでもウチの2人の子供らは、
じゃんけんの際は「最初はグー」と言っています。

■関連記事■
新型コロナウイルス
 新型コロナウイルスについての私見。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。