「幕末暗殺」黒鉄ヒロシ

嫁さんが離乳食の本を借りに図書館に行くので、
一緒についていきました。
最近の図書館はマンガも豊富に置かれています。
何気なくマンガコーナーを見ていると、
「幕末」の文字が!

「幕末暗殺」黒鉄ヒロシ?・・・・
黒鉄ヒロシといえばテレビで見かける人だよね。
マンガ家とは知っていますが、
どんなマンガを描いてるのか知らない。
※ファンの方ごめんなさい。

とりあえず借りてみる。
うわ!こういうタッチの絵なんだ。
好き嫌いの分かれる絵ですね。
とはいえ、映画のようなコマ使い、
マンガでしか出来ない表現方法、
ところどころにちりばめられたギャグ。
玄人好みのマンガですねぇ。

さて、作品は桜田門外の変からはじまり、
ヒュースケンの暗殺、
岡田以蔵田中新兵衛大楽源太郎
中村半次郎河上彦斎らの人斬りの話
70Pにもわたる暗殺年譜・・・。
ひとつの章にこれだけ淡々と、
暗殺事件を描いたマンガはないんじゃないかな?

でもなぜか最後は慶喜の自転車の話。
これで締められたのはどういうこと?
本当に暗殺されるべきは慶喜だってことかな?
それは考えすぎか・・・。

この「幕末暗殺」の他、
坂本龍馬」と「新撰組」を借りましたので、
また読んだら書きます。

■関連記事■
「新選組」黒鉄ヒロシ
 黒鉄ヒロシが描く新選組。
「坂本龍馬」黒鉄ヒロシ
 黒鉄ヒロシが描く坂本龍馬。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。