「坂本龍馬」黒鉄ヒロシ

黒鉄ヒロシの「坂本龍馬」です。

前に読んだ2冊に比べると、
少々インパクトは少ない気がしました。
それは黒鉄ヒロシ氏が高知県出身で、
龍馬の大ファンだからでしょうか?
残念ながら他の龍馬作品の域は、
全く出ていないようです。

最初に黒鉄ヒロシの「新選組」を読んだなら、
新選組が嫌いになるでしょう
と、
以前の記事に書いたことがありますが、
今回の「坂本龍馬」を読んでも、
決して坂本龍馬を嫌いにならない。
そんな感じですかね。

■関連記事■
「幕末暗殺」黒鉄ヒロシ
 黒鉄ヒロシが描く幕末の暗殺事件。
「新選組」黒鉄ヒロシ
 黒鉄ヒロシが描く新選組。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。