「雪に舞う剣」古川薫

下関から松本への道中に読んだ本。
久々の古川薫作品で、幕末短編集です。


雪に舞う剣」。

春雪の門
憎まれ役を買って出た藩勘定方の自刃を、
3人の娘が守るお話。幕末より少し前のお話で、
女の強さと若者の愚かさが感じられる作品です。

玉かんざし
島田虎之助を主人公とした珍しい作品です。
幕末の三大剣士として知られる島田虎之助の最期。
「君子の剣」を説き、清廉潔白であれとする島田の罪悪感が、
島田の命を縮める。
ちなみに勝海舟も島田虎之助の弟子。

夜叉と名君
夜叉はお由良。名君は島津斉彬。
歴史というものは時にその人物の善悪を決めてしまいます。
実際はどうだったのか?それは当事者しか知りえません。
もしかしたら当事者さえもわからない。
・・というより善悪をつけることこそナンセンスなのかも。

冬の花
中山忠光と白石正一郎のお話。
中山と白石の性格が生き生きと表現できていて、
とってもおもしろいなと感じました。

青梅
野村望東尼と高杉晋作。歳の差がありすぎて恋愛モノになりえないが、
なんとも淡い、愛でも恋でもない、世界一の表現がある日本語にも無い、
何とも言えない感情というものがあるのではないかと思えてしまう。
「吉田松陰の恋」もそうですが、
古川薫ってそういうのを表現するのに優れている作家だなと思う。

春雨の笛
平野国臣と白石正一郎のお話。
上記の「冬の花」と同様に白石邸には招かざる客も来ます。
中山の場合は一歩引いて見れるパターンでしたが、
今回は実弟も巻き込まれます。自分自身も家財をなげうって、
後戻りできない状態になってしまいます。

歳月の鏡
野々村勘九郎をめぐる新聞記者と老人のやり取り。
稲荷町出身の老人が隠す謎。
ちょっとしたミステリーですが、
このくらいの短編がちょうどいい。

司馬も短編集がありますが、古川作品は題材がマニアックです。
長州を題材にしたものが多いのでそれだけに深い。
もちろん小説ですので、創作要素はたくさんありますが、
僕にとって新しい視点を与えてくれる作家ですね。

■関連記事■
「花冠の志士」古川薫
 久坂玄瑞を主人公とした小説。
「暗殺の森」古川薫
 中山忠光暗殺事件をめぐるミステリー。
「十三人の修羅」古川薫
  英国公使館焼討事件に参加した志士の話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。