「十三人の修羅」古川薫


古川薫にハマっております。
文脈が自分に合ってるのかスラスラ読めてしまいます。
何より長州モノばかり書いているので、非常にそそられます。
しかもなかなか渋い題材のものが多いのがとてもいいですね。

今回読んだのは、「十三人の修羅」。
この作品は英国公使館焼き討ち事件に参加した志士が、
紆余曲折の末、仏師になるというお話。

この小説の主人公は、実在の人物ではない(と思う・・)のですが、
ホントにいるのかと思ってしまいました。

前半は高杉晋作ら長州の尊攘志士と共に、
異人の暗殺や公使館の焼き討ちなどを計画し、
桂小五郎の認められその下で働き、
禁門の変、下関戦争、功山寺挙兵を経て、
大田・絵堂の戦いで負傷します。

維新後、幕末期に縁があった仏師に弟子入りして、
修行を重ねて巨大な仁王像の建設に着手します。

英国公使館焼き討ち事件に参加した同志たちのそれぞれの行く末は、
志半ばで倒れたり、栄華を極めたりしましたが、
ひとり仏を彫る道に進んだ主人公は、どちらでもなかったといえるでしょう。

本来、前半の幕末期にしか興味の無い僕ですが、
この「十三人の修羅」に関しては、後半の明治期の方が面白く読めました。

■関連記事■
「雪に舞う剣」古川薫
 古川薫の短編集。お由良騒動を題材にした長州以外の話も。
「暗殺の森」古川薫
 中山忠光暗殺事件をめぐるミステリー。
「花冠の志士」古川薫
 久坂玄瑞の生涯を描いた小説。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。