幕府による長州破壊工作

長州は忍者大国(記事はこちら)という妄想。
どう考えてもあり得ない話なのですが、
意外と信じている輩もいるようです。
でも、実はどちらかというと、
長州藩の方が間者の破壊活動に悩まされていたのです。

第二次長州征伐の迫る慶応2年3月18日。
山口天花村合薬製錬所が爆発炎上しました。
火薬の製造に従事する16名が犠牲になりましたが、
原因はわかっていません。

また4月10日。
長府藩の下石原村弾薬製造場が火災で全焼します。
これは放火によるもので、長府藩は犯人捕縛に努め、
付近の山中で米数俵を見つけて、足取をつかんで捕縛。
下手人は本藩領内の農民であると判明しますが、
何故ワザワザ支藩の火薬庫に放火したのかは不明。

そして4月21日。
またも本藩の火薬製造工場が火災全焼します。
(どこにあった工場かはわかりませんが・・)

これらの火薬工場火災は、間者による破壊活動だと断定。
領内に入る道に関門を設け、厳戒体制を敷きます。
幕府間者の仕業という証拠は全くありませんが、
あまりにもタイミングの良すぎる3件の火災。
長府藩の件は、本藩領内の農民だということですが、
間者が金などを渡してやらせた可能性も高く、
代々農民を装っていた隠密であった可能性もあります。
山中で米数俵を用意していたりと、
とてもシロウトとはおもえません。

幕府に限らず会津藩の間者も潜り込んでおり、
不運で捕まった神戸岩蔵(記事はこちら)もいます。

もちろん長州側も間者を各地域に送り込んでいました。
広島の幕軍が長州進攻を決めた事も、
間者の報告によりもたらされています。
情報は大切ですからね。

■関連記事■
広島県広島市 国泰寺跡
  第1次長州征伐での幕府軍の総督府。
「幕末スパイ戦争」歴史時代作家クラブ
 娯楽としてならとても楽しい題材です。
三重県桑名市 顕本寺(服部半蔵墓所)
 伊賀忍者統領の末裔は、桑名藩家老となっていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。