三重県桑名市 顕本寺(服部半蔵墓所)

服部半蔵といえは伊賀衆を率いた服部半蔵正成が有名ですが、
この半蔵という通称は当主が代々受け継いで名乗っています。

昭和60年に放送された千葉真一主演の「影の軍団Ⅳ」で、
15代目服部半蔵が影の軍団を率い、
幕府と対立するという話がありましたが、
もちろん実際にはそんな事はしていません。

一般的に服部半蔵として知られる服部半蔵正成の死後、
その嫡男である服部正就が半蔵の名を継ぎ、
伊賀同心を率いる役目も引き継ぎましたが、
部下の反発に遭って伊賀同心支配役を解かれ、
服部家と忍者との縁は切れてしまいました。
しかも、正就は大阪夏の陣で討死してしまい、
半蔵の名は弟の正重が継ぐことになります。

正重は大久保長安事件徳川家康の逆鱗に触れ、
知行を没収されて浪人となってしまうのですが、
桑名藩主松平定綱に2000石で召し抱えられ、
以後は家老家として幕末まで続きました。
ちなみに大坂夏の陣で討死した正就の子も、
別家として桑名藩に召し抱えられており、
正就の正室が藩主の姉であった関係から、
一門衆として優遇されています。

服部半蔵家の墓所は桑名市萱町の顕本寺にあります。


桑名市萱町周辺(顕本寺の場所)


顕本寺」。
檀家に元桑名藩士が多く、
墓地には桑名藩関係者が多く眠っています。
福島正則に仕えて文禄の役で勇名を馳せ、
福島家が改易になったために浪人となり、
桑名藩に召し抱えられた吉村又右衛門の墓や、
家康の伊賀越えで、渡海を案内した水谷九左衛門の墓は、
桑名市指定の文化財となっています。

そういうわけで、幕末桑名藩士の墓も多くあるわけですが、
リサーチ不足ですべてを見つける事が出来ませんでしたが、
一部の幕末藩士の墓をご紹介致します。


西郷朝秋之墓」。
元桑名藩士。
西南戦争に従軍して私学校攻撃に参加しますが、
負傷して離脱。戦病死しました。


道源院無外日信居士」。
神風隊玉井五郎兵衛の墓。桑名藩馬廻役。
長岡攻防戦における出雲崎乙茂での小競り合いで戦死。


正法院殿信徳有家日巖翠山」。
桑名藩家老吉村又右衛門宣浚の墓。
彼の著書「翠関雑記」は、
当時の文化人の感覚を感じられる貴重な文献で、
昌平黌に学んで桑名藩の執政にもなった人物ですが、
幕末期にはすでに隠居しており、
風流を楽しんで暮らしていたようです。
慶応3年、死去。


墓地の奥の方の壁際に墓石がならんでいます。
これが服部半蔵家の墓石。


服部正義墓」。
桑名藩家老12代服部半蔵正義の墓。
藩主松平定敬京都所司代となると、
京都に同行してこれを補佐。
鳥羽伏見の戦いにも参加し北越戦争では藩軍を指揮。
庄内で降伏した後に謹慎処分となりますが、
桑名藩の再興後は大参事兼軍務都督に就任しています。
西南戦争では新撰旅団第四大隊第四中隊長として従軍し、
旧桑名藩士らを率いて軍功を挙げました。
三重県第三大区区長三重県御用掛を勤め、
明治19年に死去。

徳川十六神将に列する直参の家系でありながら、
浪人となった末に桑名藩に拾われた服部半蔵家でしたが、
最後の当主である服部半蔵正義は、
先祖の武勇に劣らぬ活躍を見せたといったところでしょう。

■関連記事■
三重県桑名市 桑名城跡
 桑名藩久松松平家の居城。
徳川十六神将末裔の幕末①
 初代服部半蔵は徳川十六神将のひとり。
三重県桑名市 箱館新撰組隊士の墓を巡る
 市街に点在する箱館新撰組隊士の墓。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。