徳川十六神将末裔の幕末①

①/

以前、毛利元就家臣の幕末という記事を書きましたが、
今度は徳川十六神将の幕末を調べてみます。

徳川十六将図

松平康忠(長沢松平家)
(幕末期→旗本)
徳川家康の隣で控える人物は松平康忠。
康忠の子松平康直は、嗣子の無いまま死去したため、
家康の七男を養嫡子としますが、幼くして死去してしまい、
今度は六男の松平忠輝が跡を継ぎます。
この忠輝は家康に嫌われており、また素行も悪かったので、
家康の死後すぐに改易されてしまいました。
その血統は続きますが、幕府はなかなか長沢松平家を認めず、
認知後も家禄は低いまま続きます。
幕末の当主松平主税助忠敏は、講武所剣術教授方に任命され、
新撰組の前身である浪士組取扱役となっています。
その後、江戸へ帰還した浪士組が新徴組として組織されると、
新徴組支配を命じられています。
新撰組関係の小説では、剣の達人として登場します。

酒井忠次(酒井左衛門尉家)
(幕末期→庄内藩15万石)
徳川四天王、徳川十六神将の筆頭で、家康第一の功臣。
庄内藩15万石の藩主として、江戸時代を通じて栄えます。
幕末は江戸市中警護を勤め、新徴組を預かりました。
戊辰戦争でも新政府軍を領内に一歩も入れず抵抗し、
徳川譜代名家の面目を保ちました。

榊原康政(榊原式部大輔家)
(幕末期→高田藩15万石)
徳川四天王榊原康政は子孫に恵まれず、
断絶の危機を何度も迎えますが、名家斬絶を幕府が惜しみ、
なんとか存続しています。
その変わりに江戸前期は転封を繰り返して財政は困窮、
越後高田藩に転封して以降はやっと落着きますが、
飛地が多く石高どおりの収入が得られず財政は悪化。
名君として知られる11代当主(3代藩主)榊原政令が、
藩財政を立て直しています。
第二次長州征伐では、彦根藩と共に先鋒となりますが、
長州藩兵の敗れて面目を失い、
大政奉還後も曖昧な態度を取っていましたが、
新政府軍が迫ると領内の幕府歩兵隊を追放して恭順。
会津討伐に兵を出しました。
戦後は降伏した会津藩士を預かり、
同情を示して手厚く待遇したそうです。

平岩親吉
(断絶)
家康が幼少の頃よりの近従で、数々の戦功を挙げましたが、
嫡子に恵まれす、家康の八男を養嫡子に迎えますが、
早逝してしまい平岩家は断絶しました。

井伊直政(井伊掃部頭家)
(幕末期→彦根藩30万石→20万石→23万石)
赤供えで有名な井伊直政の井伊家は、
譜代筆頭として6人の大老を出しています。
幕末の当主はいわずと知れた井伊直弼

本多忠勝(本多平八郎家)
(幕末期→岡崎藩5万石)
豪傑として知られる本多忠勝の宗家は、
江戸時代中期に無嗣廃絶の危機があり、
幕府の配慮で所領を1/3に減らされて存続。
幕末の当主本多忠民は、老中首座となっています。

鳥居元忠(鳥居左京亮家)
(幕末期→壬生藩3万石)
関ヶ原の前哨戦である伏見城の戦いにおいて、
4万の西軍を2千弱で籠城し討死した鳥居元忠は、
三河武士の鑑と称えられ、徳川家より厚遇されます。
・・が、孫の鳥居忠恒が無嗣断絶。
幕府の配慮により再興されますが、
藩主となった鳥居忠春や次代の鳥居忠則の悪政により、
厳封となりますが、次々代の鳥居忠英の代に加増されて、
壬生3万石で安定し、幕末を迎えます。
幕末期は家臣団で勤皇・佐幕で意見が割れ、
藩論を統一できなかったために恭順が遅れました。

大久保忠世(大久保加賀守家)
(幕末期→小田原藩11万石)
弟の忠佐と共に主戦場で戦功を挙げた大久保忠世は、
子の大久保忠隣が改易されたため一時断絶。
忠隣の孫大久保忠職の代に再興されます。
その次代の大久保忠朝が小田原へ転封されて、
以後小田原藩主となりました。
幕末の当主大久保忠礼は、遊撃隊を支援した為、
戊辰戦争後に蟄居させられています。

長いので⑨~⑯は次回。

①/

■関連記事■
調子に乗って武田二十四将も調べてみる①
 戦国最強の甲斐武田家家臣らの系譜は幕末に何をしていたか?
七本槍の幕末について調べてみる
 賤ケ岳七本槍の系譜は幕末に何をしていたか?
毛利元就家臣の幕末
 戦国時代に活躍した毛利家重臣の系譜は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。