2015年大河ドラマは「花燃ゆ」

2015年大河ドラマは、
吉田松陰の妹を主人公とした「花燃ゆ」に正式決定されました。

制作統括の土屋勝裕は、
「『篤姫』で薩摩、『龍馬伝』で土佐、今の『八重の桜』で会津を描いたので、
次は長州をやりたいと思っていた」と言ってますが、
『八重の桜』で長州人を鬼畜生のように書いたお詫びか?と思ってしまいますが・・。
まあ、そんな野暮なこと言わず、素直に長州を題材にしてくれたことを喜びましょう。

主演は井上真央。他のキャストはまだ未発表。
まだまだ先の話ですが、ちょいと僕の予想(希望)キャストなどを書いてみます。

吉田松陰は、大泉洋
きっと破天荒でキ○ガイじみた狂気の松陰を演じてくれるはずです。

久坂玄瑞は、松坂桃李
実際の玄瑞は、道行く人が振り返るほどの好男子だったそうですので、
ちょっと女ウケの良い色気のある松坂桃李なんてどうかと・・。

高杉晋作ですが、ちょっと歳行き過ぎかとは思うのですが、
野村萬斎
年齢さえうまく噛み合えばすっごくいい晋作やってくれると思うんですが・・。
都々逸とか歌わせたらいい感じと思います。
大泉洋と逆でもいいですが。

桂小五郎は、あえて生瀬勝久
もっと男前を・・と、思われるでしょうが、松陰門下に振り回される
生瀬の桂は面白いと思いませんか?
椎名桔平もいいな・・。

毛利敬親は、里見浩太朗
あの素敵なお声で「そうせい!」と行って頂ければ幸いです。

山縣有朋は、渡部陽一
彼は、山縣の生まれ変わりですので・・。

個性派ぞろいですので、入江九一や吉田稔麿あたりは、男前にしてくれて結構です。

まあ、的中確率は0.0001%でしょうが・・・。

※※この時は期待してたなぁ・・・。まさかあれほどの駄作が出来るとは・・2019/08/07

■関連記事■
花燃ゆ 総評一/総評二/総評三/総評四/総評五
 最終的に観終わった感想・・。
八重の桜 総評
 大河「八重の桜」の総評。
西郷どん 総評
 大河「西郷どん」の総評。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。