体罰について

最近、体罰がどうのとよく聞こえてきますねぇ。
僕の個人的な意見としては、
体罰大意に結構!」でも「体罰は絶対ダメ!」でもなく、
まだよく定まっていません。

現時点でウチの子供に手を上げたことは全くありませんし、
これからも上げるつもりはありません。
僕自体も親、教師、上司から体罰を受けた事はなく、
体罰とは無縁の人生でしたね。

勿論ウチの子供を甘やかしているとかいえばそうではなく、
悪い事や危険な事をしたらちゃんと言い聞かせてますし、
みよちゃんゆきちゃんもちゃんと理解します。
子供だってちゃんとわかるように言ってやれば、
ちゃんと理解するんですね。

・・と書けば、「体罰絶対ダメ!」ってなりそうなんですが、
そうははっきり言えない。僕の人生においても、
話し合っても全然わからない人間っていましたし、
そういう人にどうやってわからせるのかは僕にはわかりません。
部下に「コイツ殴らないとわからんな・・」と、
実際に思った事は多々あります。
勿論一度も殴った事はありませんが、
やっぱりそういう部下は最終的に去っていくことになる。
縁があって一緒に仕事してるんだし、
仲間として良くなってもらいたいって、
純粋に思ってるんですけどね。伝わりませんね。

やり方の違いとか、そう言う事ならいいんですよね。
やらしてみて失敗させて経験させるとかで、
3回位失敗させて、やっとわかる程度でいいんです。
でも絶対にやっちゃいけない事とかがある。
会社に損失を与える事とか、命に関わる危険なやり方とか。
1回の失敗でとりかえしのつかない事になる。
そういう絶対にやっちゃいけない事は、
簡単にやらせるわけにはいかない。
絶対にやっちゃいけないんだって理解させないといけない。

そういう場合は、ペナルティを科す事で抑止する。
ある工事現場の高所作業で、安全帯無しで作業していた場合、
それが発覚したらその作業員、若しくは所属の会社は出入禁止。
よくあるパターンです。
だから下請会社は作業員に安全帯の着用を徹底させる。
要はペナルティなんですよね。
ペナルティが無いと絶対やっちゃうんですよ人って。
だから国だって刑法を作ってるんだし。

体罰もペナルティのひとつなのでしょう。
出来なかったら殴る。悪い事をしたら殴る。
一番手っ取り早いペナルティではありますよね。

体罰って大まかに言い過ぎるけど、
そんな一括りにするからいつまで経っても減らない。
熱い鉄板やストーブを触ろうとした子供に、
やっちゃダメってわからすために手でパチンってするのも体罰。
顔の形が変わるまでボッコボコに殴るのも体罰。
同じ土俵で考えたらダメじゃない?
線引きをしっかりするべきだとおもいますね。

跡が残るとか、後遺症になるとかはダメだけど、
別に軽いのはいいんじゃないかな?
だって座禅警策を頂くのも体罰ですよね。
あれもダメってことになる。

ちなみにですが江戸時代の日本は、
世界に類を見ないほどの識字率でした。
武士階級はもちろん100%ですが、
庶民でも読み書きできる者が多かったという。
これは武士の藩校や庶民の寺子屋など、
子供が勉強できる環境が整っていたからですが、
その教育現場には体罰は見られなかったといいます。
戦国時代に日本を訪れたルイス・フロイスは、
我々は鞭で打って息子を懲罰するが、
日本では言葉によって譴責するだけである
」と記し、
幕末・明治に日本へ来た外国人達も、
日本人が子供に体罰をしない事に驚き、
また子供達が皆笑顔にあふれ幸福そうだと言っています。
ペナルティは居残りとか立たせるとかで、
家庭でも夕飯抜きとかだったとか。
そんなんでいいのでしょうか?そんなんでいいと思う。
子供は十分なを与えてやれば、
必ず親を見習ってくれるはずです。

結局、ダメなの?いいの?って感じですが、
要は教える方に問題があるのだと思う。
怒りに任せて殴るのって体罰ではなく、
私的制裁ではないでしょうか?
なんでそんな事もできないんだ!」って殴るのとは違う。
それってただのパワハラですよね。
暴力教師って結構そういう系の人多いと思う。

体罰は許されるものではない」とお題目のように、
TV等で聞こえてきますが、
なんだかとっても気持ちが悪い。
じゃあどうするんだって議題は全くあがらない。

仮に体罰を肯定するのであれば、
①事前に約束しておいて(法律)、
②それを破った場合(違反)、
③それについて散々話し合った結果(裁判)、
④体罰を与えると相手に警告して(判決)、
⑤相手の了承を取り(控訴上告)、
⑥その上で体罰を行うべき(執行)。
なんなら体罰顛末書なんて書類の作成も必要でしょう。
そのくらいするなら体罰もOKじゃないですか?
今の体罰って私的制裁なだけだから、
それを法的制裁にすればいい。
しっかり規定を設けてね。

まあ無理でしょうけどね。

■関連記事■
また子供の虐待死がありましたね
 事前にどうにかする方法があるのではないか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。