また子供の虐待死がありましたね

ウチの娘はディズニープリンセスが大好きで、
最近「美女と野獣」の実写版をTVで観ました。
ハリポタハーマイオニー役のエマ・ワトソンベル役で、
あの印象的な黄色のドレス野獣と踊っています。
娘もハラハラドキドキで視ていましたし、
最後にハッピーエンドとなった際には、
とても嬉しそうにしていました。

ところでベルの父親が、悪役ガストンキ○ガイ扱いされ、
精神病院送りにされそうになってましたね。
この頃のヨーロッパでは、異常者をこの様に隔離しています。
酷いようですが、秩序を守る為の方法でしょう。
異常者を野放しにすれば、被害者が出るかもしれません。
集団を守る為には、それも非常に効果的な手段でした。

昔の日本の場合は精神病院などではなく、
自宅の土蔵などに監禁したり、
家族が申し出てに入れるなどの他、
やむなく家族が自裁するなどしています。
また、自らが異常であると認識する異常者は、
人里から離れて暮らすなんて事をしていました。

でも、異常かどうかなんて判断基準は曖昧で、
それこそベルの父親のように、
異常者に仕立て上げられる場合もあったかも?
当の本人はたまったもんじゃないでしょうね。
そういう悲劇は数多くあったんではないでしょうか?

たとえば「ゴキブリが大好き」。・・異常ですよね。
僕がそんな奴に会ったら普通に異常者として見ます(笑)。
でも、好きだからって大量に飼ってるわけでもなく、
不潔にもしていない。他人に迷惑かけなければ問題無い。
それを監禁させる理由なんてないでしょう。
けれど普段から刃物を持ち歩き、威嚇行為を繰り返し、
言動もおかしな輩は、捕まえないとこっちがヤバイ。
監禁せざるを得ないでしょうね。

集団を形成するにおいては秩序はとても大事です。
秩序を乱すことは他人の迷惑につながり、
果てはその集団の破滅に向かうこともありえる。
その元を排除するのも必要な事かもしれません。

現代においては、もちろんそういう事は禁止されています。
コイツいつか犯罪犯しそうだ」と思われるような人物も、
罪を犯していないので監禁なんてできませんので、
事前に捕まえることが出来ないわけです。
もちろん刃物や拳銃を所持するとか、爆弾なんかを作れば、
事を起こす前に捕まえることはできるでしょう。

でも最近のニュースを観ると、
事前にどうにか出来たのでは?と感じます。
特に幼児虐待なんてのは、
絶対にどうにか出来たと思いますね。
虐待の疑いがあるだけでも、
絶対に保護しなければならない(幼児の方を)。
親に返すにしても、週一で体の検査なりを行って、
虐待が無いかを行政が確認しなければならない。
それでアザのひとつでもあったら保護しないといけません。
コケただけとか言い訳するでしょうが、
そんな観察期間中なら、申告を義務付ければ良い。

あと、シツケだったとかぬかす親もいますが、
日本は古来からシツケに体罰を使わなかった
(記事はこちら
なのでシツケという体罰も犯罪として立件して頂きたい。
僕も子供を持つ親ですが、そのような法整備されても平気です。
今までもこれからも体罰はしませんので。

少子化が叫ばれている中、
どうしてこのような事がいまだに続くのか?
出生率が低い現在では、正に「子は国の宝」。
子供殺し極刑を基本として欲しいですね。
子供は未来を担っていく無限の可能性を持つ国の宝。
こういう書き方をすると、
では老人に価値はないのか?」という輩がいますが、
老人達にこそ「そのとおり!」と言って欲しいし、
そう思わない老人を敬おうとは、僕は到底思えません。
の事より自分を大事しろという老人を敬えませんし、
自分より未来のある子供らを・・」と、
言って頂けるご老人達こそ、
本当に敬ってあげなくてはならないと思います。

話は逸れましたが、抵抗できない子供を虐待するなんて、
まさに異常者であるとしか言いようがありません。
そんな異常者が服役して更生できるでしょうか?
情状酌量の余地があるとは思えませんね。

また、「国の宝」である子供は、国民皆で守らねばなりません。
「国の宝」を守れない公的機関に意味はありませんので、
児童相談所の職務と権限を最大限に強化して頂きたい。
あと、やる気の無い職員には去ってもらいましょう。

これ以上、子供が虐待される事が無いように祈ります。

■関連記事■
体罰について
 日本は子供に体罰を与える習慣は無かった!
相次ぐ幼児虐待について
 幼児虐待がこの世で一番重い罪だと思う。
歴史を学ぶという意義
 歴史の勉強の意義についての私見。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。