宮城県白石市 世良修蔵墓所

奥羽鎮撫総督府下参謀世良修蔵は、
傲慢な態度や侮蔑を繰り返し、
それに憤りを感じた仙台藩士らによって、
福島金沢屋で殺され、
その首級は白石に運ばれています。

白石の運ばれた世良の首級は、
月心院に葬られましたが、
明治3年に現在の陣場山に改葬され、
同8年に墓碑が建てられました。


奥羽鎮撫故参謀世良修蔵墓道」。
県道254号線南蔵王白石線の脇。
碑と説明板が目印です。


伊達政宗陣場跡」。
石段の途中に説明板が設置されています。
関ケ原の戦いの前哨戦で、
白石城を攻めた伊達政宗の本陣跡で、
台地となっていて白石城下の眺望が良く、
味方の包囲陣形も一望できる好条件の場所でした。
もちろん陣場山の名称も、この事に由来しています。


世良修蔵墓所」。
石段を登り終えると現れる世良の墓所。
2基の墓標の他に2基の石灯篭が建てられており、
写真右側のものは木戸孝允の献じたもので、
左側は磐前県令村上光雄の献じたもの。


奥羽鎮撫総督参謀長州藩士世良修蔵之墓(右)」、
参謀付属長州藩士勝見善太郎
 参謀付属長州藩士松野儀助
 参謀世良修蔵従者繁蔵 墓
(左)」。
世良の墓石に刻まれた「為賊」の文字が削られており、
賊の為に殺されたという意味の文ですが、
世良を殺したのは賊ではないという意味を込めて、
襲撃者の縁者が削ったのではないかと考えられています。

世良の墓の隣は、一緒に殺された従者3人の墓碑。
勝見善太郎報国隊士で、字が達者だったことから、
世良の書記として付属していたようで、
長州藩士と刻まれていますが、正確には長府藩士でした。
世良襲撃当時に同宿しており、襲撃時に惨殺されています。

松野儀助周防大島の農民の子で、
第二奇兵隊に入隊して同郷の世良に可愛がられ、
参謀付属として世良について来ていました。
世良と勝見が襲撃された事を知らずに、
襲撃現場の金沢屋に入ってきたところを取り押さえられ、
金沢屋の裏手で惨殺されました。

世良の身の回りの世話をしていた従者の繁蔵も、
長楽寺に呼び出されて、背後から斬られています。

この3人も世良と同じく首級を白石に送られ、
首実験の後に月心院に葬られました。
世良の首級を見た仙台藩家老但木土佐は、
子捨川にでも投げ捨てろ」と言い放ったとされ、
開明派として知られた玉蟲左太夫も、
小便をかけてやる」と言ったという。
新政府寄りの考えを持っていた真田幸歓でさえ、
こうなることはわかっていたという意味の歌を詠んでおり、
仙台藩の世良に対する憎悪の程が伺い知れます。

■関連記事■
福島県福島市 世良修蔵官修墳墓
 福島市にある世良の官修墓。
柳井市 克己堂跡と赤禰・世良の屋敷跡
 長州藩寄組浦家家臣の世良家の養子となって士籍を得ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。