福島県福島市 世良修蔵官修墳墓

世良修蔵奥羽列藩の恨みを買い殺害されています。

世良は薩摩藩士大山格之助と共に、
奥羽鎮撫総督府下参謀となり、
わずか570名の鎮撫総督府と共に仙台に向かい、
仙台藩主に無礼な態度をとり、会津に出兵を命じました。

これに対して仙台藩士達は世良を憎悪し、
わずかばかりの兵で官軍だと威張り散らす彼らを、
悪意の対象として見るようになります。

その彼らがなんの落ち度も無い会津藩を攻めろという。
また「奥羽鎮撫」という名称も、会津征討だけではなく、
奥羽全域を鎮撫するという意味と捉え、
横暴な彼らを鑑みれば「会津の次は我らも危うい」と、
奥羽列藩同盟が締結されるに至るわけです。

その発端が世良の暗殺になるのですが、
何故、世良はそこまで傲慢で横暴であったのか?
長州での記録には粗暴な人物であった記述はない。
世良は身分が低く、身分で出世は出来ません。
思想家でもありませんし、武術家でもない。
世良が身を建てる手立ては学問でしかなかった訳で、
海防僧月性に学び、江戸で安井息軒三計塾に入門し、
その塾頭を務めるほどでした。
奇兵隊では書記を務め、第二奇兵隊では軍監に就任。
粗野な武人というより、学者肌の人物だったようです。


福島稲荷神社」。
世良の官修墳墓は、福島稲荷の境内にあります。
福島稲荷は陰陽師安倍晴明が建立した神社で、
衣食住を司る豊受比売大神を祀って、
福島の総鎮守としたようです。

境内を探してもどこにも無いなぁと思っていたら、
境内を出て裏手からしか行けませんでした。

世良修蔵官修墳墓」。
戊辰戦争後に新政府軍により建立された墓。
当時は神社の北側に建てられていたようですが、
大正5年に石碑が建て替えられ、
大東亜戦争後にここに移されたようです。


長藩世良修蔵霊神」。
大正5年に建て替えられたもの。
後ろの歌碑は、山城屋和助の建立したもので、
白河小峰城が会津藩に奪われた為、
世良が殺された事を知らずに福島へやって来て、
仙台藩兵に殺された弟の野村十郎をしのぶ歌。
しのぶれば その五月雨の夕まぐれ
       なみだの河野なみならぬかな


閏4月19日。
世良は福島城下の旅館「金澤屋」に投宿。
新庄に滞在する同役大山格之助宛てに密書を書き、
福島藩軍事掛鈴木六太郎ら3人に密書を渡し、
新庄の大山に届けるように頼みます。
3人は福島藩家老斎藤十太夫に相談すると、
仙台藩に相談したほうが良いということになり、
その密書を仙台藩士瀬上主膳が開けて読むと、
そこには「奥州皆敵」の文字が書かれていました。
これに激怒した瀬上らは、
同藩士姉歯武之進らに世良殺害を指示。
※世良の殺害は、奉行但木土佐らの承認を既に受けていた。
翌日の閏4月20日に襲撃する事となり、
仙台藩士姉歯武之進、田辺覧吉赤坂幸太夫松川豊之進
末永縫殿之允大槻定之進
福島藩士遠藤条之助杉沢覚右衛門、鈴木六太郎、
目明浅草屋宇一郎とその配下14~5名が「金澤屋」を襲撃。
就寝中の世良と同宿していた勝見善太郎を捕縛し、
2人を阿武隈川の河原で斬首しました。
首級は白石に届けられ、体は川へ投げ捨てられたという。

さて、世良が傲慢な態度であった理由は、
当の世良本人にしかわかりません。
少ない兵力で大藩を動かす為に、
あのような態度を取ったとも推測できますし、
世良の密書の「奥州皆敵」というのも、
その気持ちで事に当たるという意味にもとれる。
もちろん世良の本性が表に出たのかもしれませんし、
何か本人しか知らない事があったのかもしれません。

■関連記事■
宮城県白石市 世良修蔵墓所
 白石市の陣場山にある世良の墓所
柳井市 克己堂跡と赤禰・世良の屋敷跡
 長州藩寄組家家臣の世良家の養子となって士籍を得ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。