下関市長府 長府藩御船手の石積跡

豊浦高等学校の裏手の檀具川河口に、
長府藩御船手の石積跡があります。


長府毛利家御船手の石積跡」。
藩政時代の藩籍船が係留されたとされる波戸場の跡。
長府藩の船手がどういうものか資料がありませんが、
海運の要所を藩領を持つ長府藩ですので、
ある程度の舟数は揃えていた事でしょう。

この場所に行くのは少々ややこしく、
豊浦高の裏手から行けない事もないのですが、
道が狭く入り組んでいてややこしい。
簡単に行くには、長府観光協会の向かいの路地から、
川沿い、海沿いを進んだ方が良いです。


波戸場跡の他にも、周辺に同様の石積が点在し、
明治以降にコンクリートで改修されたドックもあります。

■関連記事■
下関市長府 長府陣屋跡
 長府藩毛利家の陣屋跡。
下関市長府 櫛崎城跡
 かつての長府藩の藩庁。長府陣屋はこの三ノ丸跡。
下関市長府 豊功神社
 長府藩歴代藩主を祀る神社。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。