下関市長府 長府陣屋跡

全国の藩庁陣屋跡には、
その殆どに「○○陣屋跡」などの石碑があります。
ですが長府陣屋に関しては、そのようなものは無い。
長府陣屋が櫛崎城三の丸に建てられたものなので、
櫛崎城址」碑だけで良いという事でしょうか?
でも、櫛崎城と長府陣屋は別物なので、
長府陣屋跡」又は「長府藩邸跡」碑の建立を、
市や諸団体にお願いしたいものです。

跡地が高校だからというのは理由にはならず、
全国の陣屋の殆どが学校になっており、
それでも石碑や案内板が建てられているのですから。

長府陣屋の跡地は、山口県立豊浦高等学校
遺構は皆無ですが、外壁を陣屋風の土塀にしている他、
門に陣屋当時の名称が付けられています。


松原門」。
正門向かって左手にある門。
長府の古地図「弐百参拾年前之長府園」を見ると、
陣屋の西側に松林があったようですので、
そこから付けられた名称でしょう。


「松原門」の表札。


長府古地図から察するにこの「御門」でしょうか?


北側の角の壁になんだか門があったような跡が・・
表札が張られてたっぽい跡もあります。


もしかしてこの「御門」の跡か?

北側の外壁の門へ。

四王司門」。
名の由来は長府の北側に聳える四王司山からでしょう。
こういう名付け方は城門らしいですね。


「四王司門」の表札。


先ほどの例からすると、この「御門」でしょう。

四王司門から東に歩いた先のもうひとつの門。

櫛崎門」。
名の由来は櫛崎城からでしょう。
ただ、この門は古地図には見当たりません。
破棄された櫛崎城跡に近いからの命名でしょうか?


「櫛崎門」の表札。

これらの門は遺構ではありませんが、
陣屋門の位置と同じ場所に設置された門のようですね。

【長府藩】
藩庁:長府陣屋(後に勝山御殿に移転)
藩主家:秀元流安芸毛利家
分類:5万石、外様大名(長州藩支藩)

■関連記事■
下関市長府 櫛崎城跡
 長府藩が居城を破棄する前の城。
下関市田倉 勝山御殿(再訪)
 勝山御殿に再訪した時の記事。
下関市田倉 勝山御殿
 攘夷戦に際して内陸に移転させた藩庁。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。