下関市田倉 勝山御殿(再訪)

天気が良かったので、久々に勝山御殿跡に行ってみました。

長府藩の藩庁である長府陣屋は、
関門海峡に近接した海岸沿いの場所だったので、
外国船が海の上から砲撃したらひとたまりもありません。
そこで、海からの砲撃が届かない内陸部に陣屋を移しました。
それが勝山御殿です。
半年あまりの突貫工事で造られたこの御殿は、
御殿という名の戦闘要塞でした。


当時の長府の地形図。
長府陣屋では、外国船の攻撃に耐えられませんが、
勝山御殿は三方が山に守られた場所にあります。
守るに適した場所ですね。


勝山御殿の入り口。三の丸へ登る階段。
最近のみよちゃんの写真に写るポーズはこれです。


三の丸跡」。
道路が通っていて、勝山御殿公園はここが入り口になっています。


三の丸の案内板に描かれた当時の推定図。
他のお城のように複雑ではなく、段々になっていますね。


二の丸跡」。


本丸跡」。
広場になっていて、野球やサッカー等が出来る広さです。


本丸から前方を見た風景。
戦闘時には、大砲を前面に並べて前方だけに集中攻撃できます。
ここを落とすには容易ではないでしょうね。

結局、四カ国艦隊は海岸線を占領しただけで、
この勝山陣屋まで来る事はありませんでした。

下関戦争の講和談判の際、
高杉晋作が「一戦も辞せず」の強気で交渉できたのも、
陸戦では戦える算段があったからかもしれませんね。

【長府藩】
藩庁:勝山御殿
藩主家:秀元流安芸毛利家
分類:5万石、外様大名(長州藩支藩)

■関連記事■
下関市長府 長府陣屋跡
 長府藩が城を破棄した後の藩庁。
下関市長府 櫛崎城跡
 長府藩が居城を破棄する前の城。
下関市田倉 勝山御殿
 初めて訪問した際の記事。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。