下関市田倉 勝山御殿

勝山御殿跡に行ってみました。

長府陣屋は関門海峡に近接した海岸沿いの場所にあり、
海からの攻撃に耐えられませんでした。
そこで、海からの砲撃が届かない内陸部に陣屋を移転しています。

現在は公園として整備されて、子供連れやお年寄りが散歩してました。

二の丸から本丸に続く階段を上って振り返ってみます。
ここは、三方を山に囲まれた谷のような場所なので、
いざ攻めてこられても守りやすそうです。
陣屋のはずですが、守りを意識した作りになっていますね。

本丸や本丸奥の段は、広い更地になっており、
野球やサッカーなども出来そうな広さです。

たかが陣屋とおもっていましたが、
これは完全に戦闘拠点ですね。

【長府藩】
藩庁:勝山御殿
藩主家:秀元流安芸毛利家
分類:5万石、外様大名(長州藩支藩)

※※初勝山御殿!それほど遠くないので、これより何度か足を運んでいます。2019/08/06

■関連記事■
下関市長府 長府陣屋跡
 長府藩の藩庁。
下関市長府 櫛崎城跡
 長府藩が居城を破棄する前の城。
下関市田倉 勝山御殿(再訪)
 再訪した際の記事。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。