新潟県長岡市 河井継之助邸跡

河井継之助の生んだ河井家は長岡藩に3家あり、
その出自には諸説ありますが、
牧野家の長岡藩転封後に仕官した新参家臣という。
3家は河井清左衛門を祖とする50石の本家と、
その弟忠右衛門を祖とする分家120石、
忠左衛門の次男代右衛門を祖とする分家120石で、
継之助の家は代右衛門を祖とする分家でした。
※分家2家の代々は諸役を務めて加増されています。


河井継之助記念館」。
継之助の生家である河井家の跡地は記念館となっており、
ゆかりの品々が展示されているとの事。
訪問時は閉館中でした。


河井継之助邸址」。
記念館の裏手は小さな公園となっており、
跡碑が建てられています。
河井代右衛門家は分家の分家でしたが、
代々当主は役方を務めて家格は上がっていました。
文政10年にその河井代右衛門家に生まれた継之助は、
藩校崇徳館に学び、江戸で斎藤拙堂佐久間象山
古賀茶渓を師事。
ペリー来航の際には藩政改革の建白書を提出し、
これが10代藩主牧野忠雅に受け入れられて、
御目付格評定方随役に任命されて帰郷します。
しかし門閥家臣らの抵抗によって改革は頓挫し、
継之助は2ヶ月で辞職。再び江戸へ遊学し、
西国にも遊学して山田方谷にも学びました。
11代藩主牧野忠恭京都所司代に就任すると、
継之助も京都詰を命じられ、
忠恭が老中に就任すると公用人に任じられますが、
笠間藩主牧野貞明と論争して罵倒してしまい、
責任を取って辞任して帰郷します。

帰郷後、継之助は奉行職などの役職に就いて藩政を改革。
藩主の絶大な信任の下、藩学の一本化軍制の西洋化
風俗矯正藩士知行の平均化を行い、
門閥家臣の弱体化と、藩主権威の増大を図りました。
中央では大政奉還王政復古など政局は急速に加速し、
長岡藩では譜代大名として徳川家擁護の方針をとり、
12代藩主牧野忠訓や継之助らは公武周旋に奔走。
鳥羽伏見の戦い旧幕府軍が敗れると、
江戸藩邸や家宝を売却して軍資金を得て軍備を整え、
中立を主張して新政府軍との談判に臨みますが、
新政府軍監岩村精一郎はこれを一蹴。
長岡藩は新政府軍と戦う事になります。

近代的訓練と最新武装を施された長岡藩兵は、
総督となった継之助の下で新政府軍を苦しめ、
一旦奪われた長岡城を取り戻す等の活躍を見せますが、
継之助は左膝に被弾して重傷を負い、
長岡勢は会津に退却。
継之助は松本良順の治療をうけますが、
傷口は破傷風となって既に手遅れとなっており、
会津藩領塩沢村の医師矢澤宗益宅にて死去しました。

戦後、継之助は長岡を荒廃させた張本人であるとされ、
新政府の命によって河井代右衛門家は断絶。
継之助の墓も何者かによって何度も倒されたという。
現在でも継之助への避難がある一方、
継之助の改革や精神を評価する声もあり、
司馬遼太郎の「」などで知名度も上がっており、
生家跡に河井継之助記念館が設置されるなど、
長岡の英雄という評価もされています。

■関連記事■
新潟県長岡市 長岡城跡
 長岡藩牧野家の居城跡。完全に破壊されて遺構は皆無。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。