山形県山形市 出羽国分寺薬師堂

国分寺聖武天皇が仏教による国家鎮護の為に、
国司郡司を発して建立させた寺院。
時代が過ぎて律令体制が弛緩してくると、
官の援助を受けられずに多くの国分寺は荒廃しましたが、
独自に宗派や性質を変えて存続した例も多くあり、
現在もまだ存続し続ける国分寺もあります。

出羽国分寺は現在地とは別の場所にあったようですが、
具体的な出羽国分寺の置かれた場所は不明で、
庄内秋田にあったとされています。
伝承によれば、平安時代末期から鎌倉時代初期に、
出羽国府が山形に移転したとされ、
その際に国分寺が移ってきたという。
江戸時代には徳川家の庇護を受けて寛永寺直末寺院となり、
天台宗の触頭として末寺23ヵ寺を擁しました。


出羽国分寺薬師堂」。
本尊は薬師如来像
明治時代以降は徳川家の庇護を得られず存続困難となり、
隣接する柏山寺の管理下に入っています。
当時の薬師堂は明治44年の山形市北部大火により焼失し、
廃寺となっていた宝幢寺本堂を移築したのが現在の薬師堂。


宮城浩蔵顕彰碑」。
境内にある明治大学創始者宮城浩蔵の碑。
天童藩の藩医武田良祐の次男として生まれ、
同藩士宮城瓏治の養子となって家督を相続。
維新後に上京して箕作麟祥の共学社に入門し、
大学南校(現東京大学)に入学しました。
その後、司法省明法寮を卒業。渡仏してパリ大学に入学。
リヨン大学法学部に転学して法学士号を取得し、
帰国して大審院検事となっています。
岸本辰雄矢代操と共に明治法律学校を創設し、
これが現在の明治大学となっています。


戊辰薩藩戦死者墓」。
出羽国分寺薬師堂に来たお目当てがこの墓碑。
戊辰戦争の薩摩藩10名の合葬墓で、
この「戊辰薩藩戦死者墓」は東北地方に数ヶ所あるようです。

■関連記事■
防府市 周防国分寺
 周防国の国分寺。
山形県山形市 山形城跡
 山形藩水野家の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。