防府市 周防国分寺

741年、聖武天皇の詔により建立された周防国の国分寺
創建当初の境内に、現在もそのままの規模で寺域が残っており、
全国的にも珍しい例とされています。


重要文化財の「金堂」には、多くの仏像・宝物があります。

↓重文リスト
金堂
 木造薬師如来坐像(附:木造仏手1箇)
 木造日光菩薩・月光菩薩立像
 木造阿弥陀如来坐像
 木造四天王立像
 紺紙金泥般若心経 後奈良院宸翰

ここが幕末にどうこうあったわけではありませんが、
長州の諸隊のひとつである国分寺隊が、
この国分寺の地侍らによって結成されています。


禁門の変に於いて戦死した国分寺隊の招魂碑
由川重吉信重 50歳、
佐竹直衛秀行 40歳
国本一学光久 21歳
由川佐太郎吉秀 18歳

の4人の戦死者を祀っています。

国分寺隊は元治元年、荻野隊と改称していますので、
元治元子甲秋七月十九日歿
  京師萩野隊諸士戰死招魂碑

        と、刻まれていました。

この国分寺の西には防府天満宮。東には毛利氏庭園があり、
防府市3大観光名所が並んでいます。

■関連記事■
防府市防府天満宮 防府紀行③
 日本3大天神にして最初の天満宮。
防府市 毛利博物館
 毛利宗家は山口に居を構えました。
防府市 桑山招魂場
 防府の幕末史跡といえばここでしょう。
防府市 富海の船蔵
 大坂への最速交通手段。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。