防府市 富海の船蔵

防府市東部にある富海は小さな漁村でしたが、
山陽道の宿場町であり、上方への玄関でした。


赤丸が富海。
左側の江泊山の向こう側が三田尻湾です。
ここが上方への玄関と云われる所以は、
飛船」と呼ばれる客船の拠点で、
ここから海路上方へ向かうのが一番早かったから。
この「飛船」は高速で航行することができました。

長州のほとんどの志士がここから上方を目指しましたし、
他国から長州に来る志士のほとんどがここに上陸しました。
ここには、伊藤俊輔井上聞多が上陸した場所の碑があります。


伊藤・井上両公上陸跡地」。
元治元年6月24日。
伊藤と井上はここにあった飛船問屋入本屋に上陸。
英国滞在中に四ヶ国艦隊の馬関攻撃計画を知り、
急遽帰国して英国船で姫島に送られ、
そこから「飛船」を使って富海に上陸しています。

伊藤・井上上陸地は残念ながら面影は皆無ですが、
そこから東には「船蔵通り」という場所があり、
当時の雰囲気が感じられます。


船蔵通り」。
JRの高架下をくぐると「船蔵通り」。


左側の石垣が船蔵でした。
道路から右側が海だったようです。


飛船問屋大和屋政助の船蔵」。
船蔵通りを進むと見えてくるのが、飛船問屋大和屋の船蔵。
補修はされていますが、建屋も当時のもののようです。
ここの主人大和屋政助(清水与兵衛)は、
尊攘志士達の支援者の一人で、
上陸した他藩の志士らの世話をしたり、
徳山藩(富海は徳山領)に軍資金の献納をしました。
中山忠光が落ち延びて来た際も、
ここの2階にしばらく匿われてますし、
俗論党に追われた高杉晋作がここに来た際には、
嵐の中で飛船を出して馬関に逃がしています。

大和屋政助は明治19年に亡くなっていますが、
富海駅の近くの墓地に墓があるそうですが、
今回は行くのを忘れてました。
船蔵通りから一本北側の通りが旧山陽道です。
富海本陣があった場所は、大和屋の右斜め向い。


富海本陣の門」。
宿場町でもあった富江には本陣もあり、
現在は本陣の門が残されています。
島津斉彬篤姫もここで休憩しました。

さて、数々の志士達を運んだ「飛船」ですが、
文献だけに登場し、絵、図面、写真などは残されておらず、
その形状がどのようなものだったのかわからないらしい。
謎の船なんですねぇ。

■関連記事■
防府市富海 大和屋政助及び入江石泉墓所
 飛船問屋大和屋主人大和屋政助の墓所。
吉田松陰2度目の江戸遊学①
 吉田松陰も富海の飛船を利用しています。
中山忠光④
 中山忠光は大坂から飛船に乗って長州に入りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。