防府市富海 大和屋政助及び入江石泉墓所

長距離移動といえば現在は自動車か、
はたまた電車飛行機
フェリー高速バスなど色々あります。
江戸時代でいえば、が自動車代わり?
電車や飛行機の代わりはやはりでしょうね。

現在の防府市にある富海は、
大坂までの高速船「飛船」の港として、
藩の役人や志士らを乗せています。

元々富海は古くからの漁村でしたが、
漁船を使って近隣の島や港に、
人や荷物を運ぶのを請け負っていました。
そのうち宮島参りの人々を乗せるようになり、
鞆ノ浦琴平にも足を伸ばすようになります。
数ある港の中で富海の船が選ばれたのには、
萩往還の終点である三田尻に近かった事もありますが、
富海の船が非常に早かったから。
「飛船」と呼ばれたこの富海の船は、
現在は資料が失われてその詳細は明らかではありませんが、
前後で船頭が艪を漕いで、飛ぶように航行したという。
江戸中~後期頃に、萩からの飛脚を大坂まで運ぶようになり、
そのうちに長州~大坂間を結ぶ定期便が運行され、
最盛期で60~80隻の船が活躍したとの事。
まさに現代の空港新幹線駅といった感じでした。

現在の富海には、それら飛船問屋の船倉が現存し、
当時の繁栄を感じさせてくれます(記事はこちら)。

現存する船倉が並ぶ場所から、旧山陽道を西へ進んだ道脇に、
飛船問屋を経営していた大和屋政助の墓があります。


旧山陽道脇に共同墓地が2つあってその東側です。


尊攘義民大和屋政助墓」。
大和屋政助は、本名清水与兵衛といい、
富海の飛船問屋大和屋の主で、
町方の世話役でもありました。
勤皇の志篤く、徳山藩へ軍用金100両を献納。
中山忠光天誅組の変に敗れて長州に落ち延びた際には、
大坂より富海に上陸後、船倉の2階でしばらく匿い、
高杉晋作が俗論党に追われた際には、
嵐の中で船を出して下関まで送り届けています。
墓石の揮毫は品川弥二郎によるもので、
傍にある石灯篭も品川の寄進。

同じ墓地の奥の方には、入江石泉の墓もありました。

従六位入江石泉翁之墓」。
富海の町年寄入江石泉は、海防僧月性に学び、
私費を投じて文学堂演武堂を設立し、
富海の尊皇攘夷思想の指導的役割を果たした人物。

長州藩には彼らような勤皇思想の商人が多く居たようで、
彼らの陰ながらの活躍が無ければ
維新は成し遂げられなかったでしょう。

■関連記事■
防府市 富海の船蔵
 大坂への最速便「飛船」の船倉跡。
防府市 国分寺
 防府は文字通り周防の国府があった場所。
山口県山口市 一の坂御建場跡(六軒茶屋跡)
 萩往還最大の難所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。