山口県山口市 一の坂御建場跡(六軒茶屋跡)

山陰山陽三田尻を結ぶ街道「萩往還」。
いつかは歩いてみたいなとは思いつつ機会が無い。
そう言ってるうちに足腰弱くなるかもしれませんね。
でも、幾多の志士が歩いたその道ですので、
チャンスがあれば踏破したいものです。

萩往還は萩の唐樋にある高札場を起点に、
南北ほぼ直線に三田尻まで至る道で、
藩主の参勤交代にも使われました。
その萩往還の最大の難所が「一の坂」で、
そこに休憩所「一の坂御建場」が設けられ、
藩主一行が長時間の休憩を取る場所になっています。


一の坂御建場跡(六軒茶屋跡)」。
急な坂道の両脇に石垣が詰まれています。
通称「六軒茶屋」と呼ばれたこの休憩所には、
その名の由来である六軒の茶屋(民家)があり、
藩主一行や旅人に軒先で茶を振舞いました。


主屋と別棟座敷」跡。
藩主と当番の御手廻衆が休憩する場所で、
東屋で再現されています。
別棟座敷は藩主が休憩する場所で、
床の高さが一段高くなった御座間が設けられていました。


御家老休所」跡。
家老職や上級役人の休憩する場所として使われた場所で、
役職や身分によって休憩する場所が違ったようです。


萩側から見た一の坂御建場跡。

最大の難所と呼ばれるだけに相当急な坂の場所です。
ここの素通りは絶対出来ないと思いますので、
誰もがここで休憩したのではないでしょうか?

■関連記事■
防府市 富海の船蔵
 上方への最短ルート。飛船の拠点。
防府市三田尻 防府紀行①
 三田尻の港町。船倉や御茶屋等が設置されていました。
防府市 国分寺
 防府はその名の通り周防の国府があった場所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。