防府市三田尻 防府紀行①

①//

日曜は久々の青空でした。
こういう日は少し遠出しようと、防府市に行ってみました。
防府といえば、三田尻
長州藩の水軍御船手組(海軍局)の根拠地です。


三田尻」は、古くから天然の良港として栄えていました。
萩往還の終着点として、長州藩の海の玄関口でもあります。
青い空に穏やかな海が、綺麗ですね。


三田尻漁港の「潮彩市場防府」では、新鮮なお魚が食べられます。
僕は「漁師丼」を食べましたが、ほんとに美味しい。
花燃ゆ」の「のぼり」が沢山ありましたが、ここだけでなく防府市の観光地は、
この「のぼり」だらけでした。

ちなみに嫁さんはサンマ定食を注文。みよちゃんに食べさせると、
よほど美味しかったのか、サンマ1匹全部平らげてしまいました。
みよちゃんのお魚デビューです。


三田尻御舟倉跡」。
現在は水路や通堀の一部を残すのみとなっています。


三田尻御茶屋(英雲荘)」。
参勤交代や領内巡視時の藩主の宿泊施設でしたが、
7代藩主毛利重就は、隠居後に移住して晩年をここで過ごしています。
三条実美ら七卿がここに滞在し、全国の脱藩浪士もここに集まりました。
高杉晋作もここで三条らと面会しています。


平成8年に、修復保存作業が始まり、
往年の姿に復元され、去年より一般に公開されました。
館内の人が、丁寧に説明してくれます。
大河ドラマに合わせた修復だったのか聞いてみると、
まったく知らなかったとの事。
来年に向けて、猛勉強中との事です。

広い畳の部屋で走り回れる事がめったに無いので、
みよちゃんは走りまわっていました。

つづく・・・・
①//

■関連記事■
防府市 国分寺
 防府はその名の通り周防の国府があった場所。
防府市 桑山招魂場
 防府の幕末史跡といえばここでしょう。
防府市 富海の船蔵
 大坂への最速交通手段。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。