吉田松陰2度目の江戸遊学①

①/////

嘉永4年12月。
吉田松陰は藩の許可なく東北に遊学し(記事はこちら)、
脱藩の罪で士籍を剥奪されますが、
藩主毛利慶親は松陰を憐れみ、
十年間の諸国遊学の許可を出します。

長州藩には「」という藩士の被保護者身分が存在し、
藩士の名目を得させる温情的な制度がありました。
松陰も父杉百合之助の育となって、
松陰の遊学を申請する事により、
未だ長州藩士の扱いを受けると共に、
ほどぼり」をさます事ができます。

そういうわけで、松陰は嘉永6年1月に遊学に旅立ちます。

嘉永6年1月26日
雨。早朝に出発。
兄の伯教(杉民治)、佐々木小亀高須又左衛門
玉木彦助赤川淡水(佐久間佐兵衛)が送ってくれた。
天神社に詣で大谷畷で皆と別れたが、
久保清太郎三田尻まで付いてくる。
警固町の飯田行蔵邸に宿泊。
※1月27~30日まで飯田邸に宿泊し、
 30日に富海へ移動して宿泊。
 三田尻で沢山の人物を訪問していますが、

 旅の行程が目的なので割愛しました。

2月1日
晴。乗舟。
舟には8名が乗りこみ、一人は芸商、一人は船木の櫛商で、
昨夜は同じ宿であった。
他の6名は須佐の百姓、旅行中の上国人、
梅二郎、佐介、残り4名は皆老婆であった。
その他に舟子が3名。
午前10時頃に出航し、風は甚だ強かったので、
2里程進んだ大津島のチカワに寄港して宿泊。
※僕の誤読なのか人数の辻褄が合わない。
 百姓梅二郎と上国人佐介かな?
 4日も待ったのに海は荒れて、嘔吐者が多数。
 2里しか進まずに沖の大津島で宿泊する羽目に。



1月26日~2月1日の行程。

2月2日
晴。明け方に出航。
風は室積まで順風であったが、その後逆風で逆潮。
室津に停泊。
その距離12~3里。上陸して散歩。山上に砲台があった。
室津を出て小松に至る。
櫛商は上陸。ここから伊予行の便が出ている。
※室津の砲台はこちら。小松は周防大島の西端です。

2月3日
晴。明け方に出航。四里進んで新湊に至る。芸商が上陸。
自分もまた上陸して岩国錦帯橋を観る。
新湊から五里進んで宮島へ。午後10時頃に到着。

2月4日
晴。早起きして上島に参拝。
出航して音門屋形石まで5里。
風が止み潮は逆。午後4時頃まで錨を下す。
音門の迫戸に至る。
宮島から迫戸の間は島が無数にあったが、
草山ばかり樹木は生えてない。


2月2日~2月4日の行程。

2月5日
雨。午後に止み、午後2時頃に錨を上げる。
猫瀬まではとても荒れていて、しばらく停泊して晩飯。
ようやく流れが緩み、風が出てきたので帆を張りノウジに至る。
※猫瀬は女猫島。ノウジはよくわかりませんが、
 大三島の地名と思われます。


2月6日
薄暗い未明に出発。風はすこぶる強い。
左手に田島を見て船長曰く「田島は捕鯨が雇われる」という。
5つの島を越えて午後4時頃に多度津に到着。
多度津は丸亀藩の支藩で、京極壱岐守1万石の陣屋。

2月7日
晴。船の客は皆、早起きして金毘羅宮に参る(記事はこちら)。
途中の善通寺弘法大師の誕生地。
※松陰は金毘羅宮への参拝者が、近くの崇徳天皇陵の存在を、
 知らないということを嘆いています。



2月5日~2月7日の行程。

2月8日
晴。夜明け頃に出航。追い風で平波。
備前の京上藹島に至る。暫く休んでまた錨を上げて、
帆を張って進む。牛窓を過ぎて大田婦に至り、に到着。
この日の風はあまり強くない。
あの帆この櫓、見渡す限り天晴な風景。
※この日は穏やかな航海だったようで、
 松陰の気分も良かったようです。

2月9日
晴。夜明け頃に室津を出航し、夜10時頃に兵庫に到着。

2月10日
晴。夜明け頃に兵庫を出航。昼頃に安治河口に到着。
土佐堀を上って常安橋の下に錨を寄せる。
この日は金毘羅祭りで、高松藩邸内の祠に多くの人が詣ていた。


2月8日~2月10日の行程。

つづく。

①/////

■関連記事■
吉田松陰の北浦巡視①/////
 嘉永2年の北浦巡視の行程。
吉田松陰の東北遊学①/////////
 嘉永4年の東北遊学の行程。
吉田松陰の九州遊学①////////
 嘉永3年の九州遊旅の行程。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。