吉田松陰2度目の江戸遊学③

つづき。
//③///

3月3日
岸和田を発して熊取中左近家へ。
医生左海裕斎が来る。
※2月23日より岸和田の塩屋甚兵衛宅に投宿。
 相馬一郎(九方)ら岸和田藩士らと交友しました。
 中左近は岸和田七庄屋の筆頭で、

 当主は代々左近を名乗っています。
 松蔭は中左近家に5日まで滞在。

3月5日
熊取を発して岡田の山田文英宅へ。
※岸和田に滞在中に知り合った医師山田文英を訪問。
 松蔭は山田宅に17日まで滞在しています。


3月17日
岡田を出て堺に至る。道程は佐野、貝塚、岸和田。
※ここでの宿泊先は不明。

3月18日
増田秀斎と小林新介を訪ねる。
午後に富田林に至る。
※上記2人がどういう人物かはわかりません。
 富田林では再び仲村徳兵衛宅に投宿し、
 30日まで滞在。


3月3日~3月18日の行程。

3月30日
富田林を発して大坂へ。宿は難波邦五郎家
※難波邦五郎が誰なのかよくわかりません。
 難波の邦五郎なのかもしれませんね。


4月1日
晴。後藤春蔵藤澤東畡を訪ねる。
※藤澤東畡は、大坂最大の漢学塾泊園書院の主宰。

4月2日
晴。坂本鉉之助奥野彌太郎を訪ねる。
※奥野彌太郎(小山)は三上藩士。
 当時の大坂では名の知れた儒学者であったようです。


4月3日
晴。後藤春蔵を訪ねる。左海裕斎の話を聞く。

4月4日
大坂を出発。谷三山翁を訪ねる為に八木に向かう。
途中の高田で投宿。



4月5日
高田から八木へ。谷三山翁を訪ねる。
※谷三山は八木村の儒者で、私塾興譲館を開いていました。
 後に高取藩に迎えられて藩儒となっています。


4月6日
晴。五条に至り、堤孝亭に投宿。
※以後21日まで堤孝亭に宿泊。
 この間の日記は無いようです。

4月21日
晴。五条を発して田井庄に至る。藤井隆奄家に投宿。
隆奄は魯庵の子で、弟に重平、子に柳亭。
森哲之助を訪ねる。森は三山の高弟。
※この藤井隆庵なる人物はよくわかりません。
 ・・が、家族構成はしっかり記されていますね。


4月22日
曇。森宅を訪問して孫子を教わる。
森の嫡子吉太郎曰く、狭山候が放蕩の咎で幕府に切腹させられたとのこと。
昨年4月の事という。
※以後、25日まで藤井隆奄家に宿泊。
 狭山候とは狭山藩10代藩主北条氏久の事か?
 氏久は嘉永5年3月に隠居して、5月に死去しています。
 切腹させられたという記録はありませんが、噂でしょうか?


4月25日
晴。田井庄を発して五条へ帰る。
※以降5月1日まで五条滞在。


4月5日~4月25日の行程。

つづく。

//③///

■関連記事■
吉田松陰の北浦巡視①/////
 嘉永2年の北浦巡視の行程。
吉田松陰の東北遊学①/////////
 嘉永4年の東北遊学の行程。
吉田松陰の九州遊学①////////
 嘉永3年の九州遊旅の行程。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。