吉田松陰2度目の江戸遊学⑤

つづき。
////⑤/

5月12日
曇。一身田を発し、大野を経て白子に出る。
これらは紀州藩の所領で、神戸松平伊予守の所領。
追分に出てこれより東海道
四日市を過ぎて桑名に入り、森伸助を訪ねる。
伸助は今尾に用事があって出向き、
弟の丸山荘左衛門磯邉満次郎大垣神戸に行くので、
彼らと一緒に今夜舟に乗る。
※この3人の桑名人がよくわからない。
 桑名藩には後の箱館新選組頭取改役森常吉陳明がいますが、
 どうも違うみたいです。


5月12日の行程。

5月13日
午前10時頃に今尾に到着して上陸。
伸助と別れ、荘左衛門、満次郎と共に大垣に向かう。
大垣に着いて2人と別れ、
井上荘次郎山本多右衛門を訪ねて、
それぞれ少しの間話をした。
呂久で川を渡り見石(美江寺)で宿泊。
※井上は最初の江戸滞在の際に、
 安積艮斎の塾で知り合った人物で、
 山本は同じく山鹿素水の許で知り合った人物。


5月14日
晴。美恵志(美江寺)を発して河渡に至り、舟で川を渡る。
薩州候の儀仗に遭遇。加納は永井肥前守の城下。
切通に至り、磐城陣屋和田萬彌を訪ねる。
鵜沼に至ると、右には犬山城が見えた。嵓窟坂を過ぎて大田に至る。
ここに飛騨郡代の官舎があり、そこに泊まった。
※薩州候の儀仗とは大名行列?でもこの頃の島津斉彬は鹿児島です。
 では薩摩藩の何か公的な団体と遭遇したのかな?
 切通には磐城平藩の飛地で陣屋がありました(記事はこちら)。
 嵓窟坂はよくわかりませんが坂祝の事でしょうか?



5月13日~14日の行程。

5月15日
朝曇。大田を発して木曽川を舟で横断。
伏見御岳を過ぎて細久手。宿は大久手。就寝後に大雷雨。

5月16日
雨は午前10時頃に止んだが、終日曇。
大湫を発して大井に至る。この間の道左に西行の墓がある。
中津川に至り昼食。江戸人田邊定輔に逢う。
定輔は村瀬誨輔の次男。相伴って行き、落合マゴメを過ぎて、
三戸野(三留野)に宿泊。
※西行の墓なんて無いようですが、ゆかりの地はあるらしい。
 村瀬誨輔(田邊石庵)は、昌平黌教授。その次男に偶然会い、
 あまり記載がありませんが、これより一緒に同道しています


5月17日
曇。三戸野を発して野尻須原植松に至り、福島で宿泊。

5月18日。
終日雨。福島には関所があるが、手形は必要なかった。
宮越薮原奈良井と進み、宿は洗馬
※福島関所は中山道の重要な関所ですが、
 入鉄炮出女」以外は、結構緩かったようですね。


5月15日~18日の行程。

つづく。

////⑤/

■関連記事■
吉田松陰の北浦巡視①/////
 嘉永2年の北浦巡視の行程。
吉田松陰の東北遊学①/////////
 嘉永4年の東北遊学の行程。
吉田松陰の九州遊学①////////
 嘉永3年の九州遊旅の行程。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。