岐阜県岐阜市 磐城平藩飛地切通陣屋跡

磐城平藩安藤家飛地として美濃に1万8000石を領し、
これを管理する為に切通出張陣屋を設けています。
切通は古来より交通の要路でしたが、
中山道が開通されてからは立場(休憩所)となり、
茶屋菓子屋履物屋等が建てられて賑わっていました。


切通六丁目近辺(切通陣屋跡の場所)
切通という地名の由来としては、
北側の岩戸周辺に溜まった滞溜水を、
境川に流して道が切れたという事によるという。


切通陣屋跡之碑」。
旧街道の北側の路地に入った場所にある跡碑。
案内板も設置されているので探しやすいです。
中山道の道標も置かれていました。


切通観音」。
陣屋跡にある小さな御堂。詳細は不明。

ここは平安時代長森城が築かれていた場所で、
美濃守護職の土岐家が城主であったという。
廃城時期も不明で遺構は皆無。
斎藤道三が美濃を支配した時期ではないかとされます。
磐城平藩の美濃飛地は厚見郡11村 、羽栗郡2村、
本巣郡6村、方県郡11村に及び、
切通陣屋はこれらの司法、行政を取り仕切ったとされ、
廃藩までの60年以上の間、これを支配していました。
戊辰戦争で本拠の磐城平城新政府に敵対しますが、
藩主の安藤信勇は上洛して恭順しており、
帰れなくなった信勇は切通陣屋に滞在しています。

本領より遠く離れた飛地を治める為に、
出張陣屋が置かれる事は珍しくないようですが、
やはり今でいう支所のようなもので、
それほど記録が残ってはいません。
維新後、切通陣屋は廃止されたようで、
周辺飛地は笠松県に組み込まれています。

■関連記事■
福島県いわき市 磐城平城跡
 磐城平藩安藤家の本拠。
福島県いわき市 良善寺(安藤信正墓所)
 磐城平藩主安藤信正の墓所。
岐阜県岐阜市 加納城跡
 近隣の加納藩永井家の居城跡。安藤家のかつての居城。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。