岐阜県岐阜市 加納城跡

かつての美濃斎藤家の本拠地稲葉山城であり、
織田信長岐阜と改めた岐阜城は、
織田信忠の長男織田秀信が城主となっていました。

しかし秀信は関ケ原の戦いで西軍に加担し、
福島正則池田輝政らに攻められて降伏。
秀信は改易されて出家し、岐阜城は廃城となります。
そして岐阜城下町に新たに加納城が築城され、
徳川家康の娘婿奥平信昌が10万石で入封します。

この岐阜城下町をそのまま受け継いだ加納城下町は、
城下町という側面と宿場町という側面を持ち、
さらに大きく発展しました。


加納城本丸大手門跡」。
加納城本丸跡が加納公園として整備されています。
スマホを凝視する人達が数人大手門跡から動かない。
たぶんこれはポケモンGOでしょうか?
ここに限りませんが、説明板の前やの前に陣取り、
僕のような観光客にとってはとても邪魔な存在。
写真を向けようが説明板を読もうとしようが、
そこを動いてくれません。これはモラルの問題ですね。
ブームが去るのが待ち遠しい・・。


本丸北側の石垣」。
加納城の石垣は良い状態で保存されています。
加納城は関ケ原以降の築城ですが、石垣は野面積み
これは廃棄された岐阜城より転用されたからとの事。


本丸跡」。
本丸は外側は石垣ですが、内側は土塀となっています。
現在は広々とした公園となっており、
訪問時はどこかの保育所の運動会が開かれていました。
こういうのは先ほどの人達と違って微笑ましい。
思わず顔がほころびます。

ちょっと写真が少ないですね。
滞在時間が短かったもので・・・・。

加納藩奥平家は、3代で無嫡断絶
代わって信昌の外孫である大久保忠職が入りますが、
すぐに明石藩へ加増転封となり、
明石藩から入れ替わりで松平光重が7万石で入り、
3代続いて淀藩に転封となっています。
続いて安藤信友が入封してきますが、
次代の安藤信尹は幕府要職を歴任した父に似ず、
贅沢を好んで藩財政を悪化させ、
家中は乱れて、百姓一揆も勃発しています。
江戸家老達は信尹を幽閉し、事態打開を図りますが、
これが幕府に露見して信尹は強制隠居を命じられ、
減封処分も受けました。
3代安藤信成が磐城平藩に移封され、
代わって岩槻藩より永井直陳が入り藩主家は安定。
以後6代、永井家加納藩は続いています。

幕末の加納藩は、米国公使館警固などに藩兵を派遣し、
譜代藩としての役目を果たし、
5代藩主永井尚典や6代藩主永井尚服も、
奉行職奏者番などを歴任してます。

尚服は若年寄会計総裁職に就任していましたが、
鳥羽伏見の戦いの敗報を聞いて辞任。
急いで帰国しますが、帰国は新政府軍到着の前日で、
新政府軍に対して恭順の意を示しますが、
幕政への参加経験が徒となり、
尚服は謹慎を言い渡されると共に藩兵派遣を命じられ、
これに従った事により謹慎を解かれています。

【加納藩】
藩庁:加納城
藩主家:永井家
分類:3万2000石、譜代大名

■関連記事■
岐阜県笠松町 美濃郡代笠松陣屋跡
 美濃の天領を支配する代官所陣屋跡。
岐阜県大垣市 大垣城
 美濃最大の10万石を誇る譜代藩の藩庁。
奈良県御所市 櫛羅陣屋跡
 同族の櫛羅藩永井家の陣屋跡。
大阪府高槻市 高槻城跡
 同族の高槻藩永井家の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。