岐阜県笠松町 美濃郡代笠松陣屋跡

美濃国京都にも近い重要な地域とされ、
織田信長稲葉山城岐阜城と改称し、
天下統一の拠点としています。

この重要な美濃国に有力大名が出現しないように、
徳川幕府は10万石以下の小藩のみを置いて、
美濃国の3割を幕府直轄地としました。

この直轄地を納める代官として美濃郡代を置き、
10万石以上の石高の美濃天領を支配しています。
政務は可児郡の徳野陣屋で行われていましたが、
4代郡代名取長知の頃に羽栗郡傘町に移転し、
笠松と改称して笠松代官所陣屋が誕生しました。


美濃郡代笠松陣屋 笠松県庁跡」。
笠松代官所跡には、碑や説明板が設置されています、
この笠松は交通の便や木曽川の治水管理に都合が良く、
近隣諸藩の監視にも適していた為に選ばれ、
約200年間、美濃国の統治が行われています。

鳥羽伏見の戦いの後、東山道鎮撫使竹沢寛三郎により、
天朝御用所に改められ笠松裁判所となり、
その後、笠松県に組織変更されました。
第1次府県統合で美濃国9県が岐阜県に統合されると、
笠松陣屋に岐阜県庁が置かれています。

■関連記事■
大分県日田市 日田代官所跡
 同じく郡代(西国筋郡代)が行政を行った代官所跡。
岐阜県大垣市 大垣城
 美濃最大の10万石を誇る譜代藩の藩庁。
岐阜県山県市 高富陣屋跡
 美濃に陣屋を置く高富藩の陣屋跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。