岐阜県山県市 高富陣屋跡

大奥に努めたお玉は、春日の局の指導を受け、
御中臈として将軍徳川家光付きとなり、
家光に見初められて側室となって、
後に5代将軍徳川綱吉となる徳松を生んでいます。
これぞまさに「玉の輿」なのですが、
その由来がお玉から来ているのかは不明。
徳松には異母兄が2人いた為に嫡子にはなれず、
館林藩25万石を与えられていました。

家光の死後、お玉は落飾して桂昌院を名乗り、
筑波山の知足院に入っていたのですが、
4代将軍徳川家綱に嫡子が無かった為に、
危篤に際して呼び出されて後嗣となり、
家綱が死去した後、5代将軍徳川綱吉が誕生します。

桂昌院は綱吉が将軍になると江戸城三ノ丸に入り、
将軍生母として女性最高位の従一位を得ました。

この桂昌院の異母兄本庄道芳の孫本庄道章は、
高富1万石を与えられて高富藩を立藩しますが、
これは桂昌院の威光によるものです。


高富陣屋跡」。
高富藩本庄家は定府大名でしたので、
藩庁には御殿は置かれていません。
従って高富陣屋の規模は、
それほど大きくはなかったようです。

高富藩はその家格から石高の割に出費が多く、
財政は困窮していたという。
幕末期の藩主9代本庄道貫は、
倹約令や植林奨励を薦め、藩札発行、
莫大な献納金徴収や年貢増徴政策など、
数々の財政改革を行いますが、いずれも頓挫。
道貫は安政5年に死去し、
跡を継いだ本庄道美の代には、
財政は完全に破綻し、領民への負担も増加して
打ち壊し百姓一揆が起こっています。

幕府崩壊後は、成すすべもなく新政府に恭順。
藩兵25名を戊辰戦争に送り出しています。

【高富藩】
藩庁:高富陣屋
藩主家:本庄家
分類:1万石、譜代大名(定府大名)

■関連記事■
岐阜県笠松町 美濃郡代笠松陣屋跡
 美濃の天領を支配する代官所陣屋跡。
岐阜県大垣市 大垣城
 美濃最大の10万石を誇る譜代藩の藩庁。
岐阜県岐阜市 加納城跡
 領地が隣接する譜代藩の藩庁。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。