岐阜県大垣市 大垣城

豊臣秀吉の死後に対立した石田三成西軍と、
徳川家康率いる東軍が、関ケ原において戦い、
わずが1日で西軍が敗れた関ケ原の戦い

この戦いでは、はじめ三成は大垣城を本陣とし、
東軍を迎え撃つ予定でした。
しかし三成は福原長堯の守備隊7500名を残し、
主力を関ヶ原へ移動。
関ケ原を決戦の地と選んでいます。

そして関ケ原の戦いが東軍の勝利で幕を閉じ、
孤立した大垣城の守備隊は取り残され、
東軍によって包囲されてしまいました。

攻め手である東軍の水野勝成は、
大垣城の部将に内通を持ち掛けて寝返らせ、
主将福原以外を謀殺し、福原も成すすべなく降伏。
大垣城は東軍の手に落ちています。

大垣は美濃と近江を結ぶ重要拠点である為、
譜代大名の石川家久松松平家岡部家が入封し、
戸田鉄心が10万石で入封して以降、
廃藩置県に至るまで戸田家が大垣藩を支配しました。


大垣城」。
大垣城は廃城以降も天守等の本丸建屋は残され、
旧国宝に指定されていましたが、空襲で焼失。
現在は鉄筋コンクリート構造によって再建され、
大垣公園の一部となっています。


戸田氏鉄公騎馬像」。
戸田氏鉄は、徳川家譜代戸田家の支流でしたが、
父戸田一西の頃から別家扱いとなっており、
膳所藩主として3万石を領しています。
その後、氏鉄の代に尼崎藩5万石に加増転封となり、
さらに大垣藩10万石に加増転封されました。
島原の乱では、幕府派遣軍副使として参戦。
4代将軍徳川家綱誕生の際は、
へその緒を切る箆刀役の大役を務めています。
氏鉄がこれほどの出世をした理由はよくわからず、
家伝の多くも空襲で焼失してしまった為、
謎の多い藩主であるようです。


西櫓門」。
現在の大垣城への入り口の西櫓門ですが、
当時は存在していなかったようです。

本丸跡内へ。

贈正五位小原是水君碑」。
大垣藩士小原鉄心の顕彰碑。
小原は山鹿素水山鹿流兵学を学んでおり、
吉田松陰宮部鼎蔵の兄弟子にあたります。
9代戸田氏正、10代氏彬、11代氏共に仕え、
藩老として藩士らに尊敬されていました。
禁門の変では、伏見街道を上る福原元僴隊と戦い、
伏見まで敗走させています。
王政復古後に明治新政府が立ち上がると、
参与として呼ばれて新政府に出仕していましたが、
大垣藩は旧幕府軍に従い鳥羽伏見の戦いに参戦。
これに驚いた小原は、新政府の許可を得て帰藩し、
藩内佐幕派と激論を交わしてこれを説得。
大垣藩を新政府恭順へと導いています。
新政府軍の一員となった大垣藩は、
東山道先鋒に藩兵を派遣。小原も従軍しました。
明治5年、死去。


雲谷任斎翁碑」。
大垣藩士雲谷弘の顕彰碑。
三崎春日社神職鬼島広蔭に国学を学び、
維新後は神官として権大講義
伊奈波神社祠官を歴任。
国学者のようですが、
これくらいしかわかりませんでした。


慾斎翁之碑」。
飯沼慾斎伊勢亀山(記事はこちら)の出身で、
母方の親戚で大垣の漢方医飯沼長顕に学び、
長顕の娘を娶って飯沼家を継いでいます。
隠居後の本草学に没頭。
日本初のリンネ分類法植物図鑑「草木図説」を著作し、
死後は海外でも高く評価されました。


金森吉次郎翁寿像」。
本丸跡南側にある金森吉次郎の銅像。
元治元年に城下の豪商金森金四郎の子として生まれ、
明治、大正期に父から譲り受けた財産で治水事業に尽し、
木曽三川の水害を根本解決させようと努力した人物。


乾櫓」。
鉄筋コンクリート構造による復元櫓。


将屠腹自胎」詩碑。
大垣藩士菱田重禧の詩碑。
菱田は鳥羽伏見の戦いの際に小原鉄心の命で、
幕軍に味方する大垣藩兵の許に向かいますが、
長州藩兵に捕まり、禁門の変での恨みから、
他の捕虜達と共に殺されそうになっています。
この時に時世として七言絶句の詩を吟じますが、
これを聞いた長州藩士石部誠中は、
菱田の命を救い小原鉄心の許に帰しました。
その時の詩で通称「屠腹の詩」。
 苦学欲酬君父恩 一灯空伴卅餘年
 従容就死是今夕 只恨丹心未徹天

訳:苦学して君父の恩に報いようと思い、
  一灯の許に学んだ三十余年は空しく、
  落ち着いて死んでいこうとする今夜。
  只、残念なのは真心が未だ天子に徹っていない事。



戊辰の役顕彰碑」。
戊辰戦争に従軍した大垣藩兵を顕彰する碑。
大垣藩は戊辰戦争に1400余名の藩兵を派遣し、
55名の戦死者を出しています。


東門(旧柳口門)」。
外郭にあった「七口之門」の一つで、
柳口門」にあった櫓門が移築現存しています。


艮櫓」。
これも鉄筋コンクリート構造による復元櫓。


天守」。
郡上八幡城を参考に外観復元されたものですが、
木製の郡上八幡城とは違い鉄筋コンクリート構造。


大垣城址」碑。
天守の傍に建てられた跡碑。
せっかく残されてたのに、
空襲で焼けちゃうなんてね・・。

前記したように大垣藩は旧幕府軍として、
鳥羽伏見の戦いに参加しています。
その際に大垣藩兵を率いていたのは、
小原鉄心の養嫡子小原兵部でした。
鉄心は菱田重禧と桐山純孝を兵部の許に遣わし、
錦旗を掲げる官軍に発砲するなと伝えさせます。
しかし既に戦端は開かれ、今更引くわけにもいかず、
成り行きを見て進退する」と、
両名を鉄心の許に帰しました。

鉄心は2人の報告を聞き、もう一度菱田を遣わせます。
そして上記「屠腹の詩」の事件が起こりました。
鉄心は大垣に帰って藩是を勤皇に統一させ、
大垣藩は新政府に恭順。
新政府軍の一員となって、戊辰戦争に参加しています。

二本松戦争では、9代藩主戸田氏正の娘久姫が、
二本松藩主丹羽長国の正室である関係から、
降伏を勧める使者を送っていますが、
二本松藩はこれを退けて開戦に至りました。
大垣藩も新政府軍として親戚筋の二本松藩を攻め、
二本松城は落城し、少年隊などの悲劇を生んでいます。

大垣藩は10万石の中藩ながら、
磐城北越会津と多くの戦場を転戦しました。
会津戦争にも大垣藩は参加していますが、
少し不名誉な話があります。

鳥羽伏見の敗戦と総大将の敵前逃亡の罪を被り、
自刃した会津藩士神保修理の妻雪子は、
大垣藩兵に捕らえられます。
藩兵は雪子を凌辱して生晒しにしており、
それを土佐藩士吉松速之助が見かけて、
放免させようしますが、雪子は拒否し、
吉村の短刀を借りて自害して果てたという。

完全に大垣藩兵は悪者ですが、
これはどうも信憑性が薄い話です。
大垣藩が捕らえたのも、吉村が短刀を貸したのも、
これらは事実だとは思いますが、
凌辱や密かに短刀を渡したなどは、
小説家の創作であり、文献が伝えるものではない。

会津藩重臣の妻であり娘である雪子を、
わざわざ公然に凌辱する意味も不明ですし、
大垣藩兵が他所でそれほど野蛮な事をした記録も無い。
凌辱して監禁しているような女を、
他藩士がたまたま見かけるというのも不自然ですし、
こっそり短刀を他藩の捕虜に与えるのは問題行為

雪子が大垣藩兵に捕まり、その処遇を話合い、
放免と決まりましたが、雪子が拒否したので、
吉村が短刀を貸して自害させ、介錯したのでしょう。
大垣藩も悪者にされてとんだ災難です。

【大垣藩】
藩庁:大垣城
藩主家:一西流戸田家
分類:10万石、譜代大名

■関連記事■
福島県二本松市 霞ヶ城跡
 婚戚の二本松藩主に降伏を勧める使者を送っています。
三重県亀山市 伊勢亀山城跡
 大垣の本草学者飯沼慾斎は、伊勢亀山出身。
宇部市 宇部護国神社と福原家屋敷跡
 大垣藩は禁門の変で長州勢の福原隊と交戦しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。