大分県日田市 日田代官所跡

九州の幕府天領16万2000石は、
西国筋郡代によって治められていました。
幕府の直轄地にはそれぞれ代官が置かれたのですが、
中でも関東美濃飛騨西国筋の大規模直轄地には、
代官より身分や格式の高い「郡代」が置かれています。

郡代は文字通り「郡レベル石高を支配する代官」の事で、
地域名の○○郡など特定の郡を支配したわけではありません。
その職務内容は代官と同様、支配地域の司法・行政を担い、
単純に支配地の大きな代官と言っても良いでしょう。

ただ九州という土地柄、福岡藩熊本藩佐賀藩薩摩藩と、
外様大藩が揃っており、その動静を監視する必要もありました。
これを長崎奉行と協力して行っていたわけで、
幕府としても重要な位置付けとなっています。


豆田町の街並み。
日田陣屋の城下町である豆田町は、
江戸時代の商家や土蔵が多く残り、
古い町並みがよく保存されています。
御幸通り上町通りの2つの通りで構成され、
御用商人の店が軒を連ねていました。


花月川」。
城下町と陣屋を分ける花月川は筑後川の支流で、
堀の役目をすると共に、水運の役割を果たしました。


永山布政所跡(日田陣屋跡)」。
花月川の北側が日田代官所陣屋のあった場所。
永山布政所という名称で説明がされていますが、
当時からそう呼ばれていたという文献は無いようで、
日田御役所日田代官所、日田陣屋など、
複数の名称で呼ばれていました。
この付近に大規模陣屋が構成されていたようですが、
住宅街になっており、遺構らしきものは皆無。
結構古い家屋も建っているのですが、
全て明治以降のもののようです。

日田陣屋跡の北側の月隈山には、
永山城跡があります。

永山城水堀」。
月熊城を一周していた堀は、南側のみ残されています。
堀の石垣は明治期のものとの事。
永山城は江戸時代前期に廃城されますが、
日田代官所が麓に築かれた後、
はどうしていたのかよくわかりませんが、
たぶんなどが取り壊された後、
ほったらかしだったのではないでしょうか?


山頂の本丸および月隈神社の参道は閉鎖中。
平成28年の熊本地震によって石垣が崩壊し、
現在も未だ立ち入り禁止となっており、
麓の三ノ丸の広場のみ入れるようになっていました。


廣瀬淡窓詩碑」。
三ノ丸跡にある廣瀬淡窓の詩碑。
明窓浄几ヲ兼ヌ 膝を抱イテ悠ナル哉
 人間ノ事ヲ話ス莫レ 青山座ニ入リテ来タル

訳:明るい窓清らかな机のある書斎で、
  膝を抱いて座って思う 俗世の事など忘れよう
  青い山の陰がここに入って来る様ではないか

廣瀬淡窓は、豆田町の御用商博多屋の長男でしたが、
病気を理由に稼業を継がずに教育者の道を進み、
日本最大級の私塾咸宜園を開いた人物。
咸宜園は身分を問わず誰でも入学することができ、
全国より約4800人の入門者が学びました。
塾生には、高野長英大村益次郎上野彦馬
長三洲岡研介清浦奎吾などがいます。


陰徳倉碑」。
西国筋郡代塩谷大四郎は郡代着任後、
陣屋の東南にあった畑地に四棟の蔵を建てて、
飢饉や災害に備えて「救い米」を備蓄し、
毎年新穀を入れ替え、蔵を「陰徳倉」と名付けています。
実際に文政5年の大火の際には、
「救い米」が放出された様で、塩谷が称えられました。


三ノ丸跡より本丸虎口石垣を望む。
未だ熊本地震の爪痕は各所にあるようですね。
月日は流れ、新しい災害のニュースが入って来ると、
過去にあった事は忘れてしまいがちになってしまいますが、
各地の史跡を訪問していると、
未だ熊本地震は復興途中なのだと思い出させてくれます。

最後の西国筋郡代は窪田鎮勝で、
新撰組新徴組の前身浪士組の取締役を務めた人物。
柔術の達人だったようで、
坂本龍馬を斬ったとされる今井信郎も彼の弟子でした。
その後、神奈川奉行所の定番役頭取取締に任じられ、
英国式兵制を学び、西国筋郡代に就任すると、
農兵隊「制勝隊」を組織します。
大政奉還後、佐田秀らが起こした御許山騒動で、
四日市代官所(記事はこちら)が焼かれますが、
制勝隊が出動することなく長府報国隊によって鎮静。
しかし、この騒動ほどなく窪田は江戸に帰還し、
日田陣屋は新政府統治下に置かれ、
森藩岡藩が取締りを命じられました。
そして日田陣屋は日田県役所となり、
初代県知事として薩摩藩の松方正義が入っています。
その後、日田は大楽騒動竹槍騒動などの事件が勃発。
県政が悪化しますが、明治4年に大分県に統合されました。

■関連記事■
大分県宇佐市 四日市陣屋跡
 日田代官所の出張代官所陣屋跡。
宮崎県日向市 富高代官所跡
 日田代官所の出張代官所陣屋跡。
熊本県苓北町 富岡城(富岡陣屋)跡①/
 日田代官所の出張代官所陣屋跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。