奈良県御所市 櫛羅陣屋跡

増上寺における4代将軍徳川家綱の法要の席で、
乱心した鳥羽藩主内藤忠勝が、
宮津藩主永井尚長を殺害した増上寺刃傷事件
この事件で下手人の忠勝は切腹となり、鳥羽内藤家は改易
被害者の宮津永井家も喧嘩両成敗によって改易されました。

しかしこの事件は、忠勝が一方的に斬り付けてきたもので、
酌量の余地があるとして、尚長の弟永井尚圓に再興が許され、
尚圓によって大和新庄藩が立藩しています。

大和新庄藩は桑山家が支配していましたが、
別の家綱の法要で勅使不敬があったと改易されており、
※このあたりの話には諸説があります。
その後、永井家が大和新庄藩に入封しました。

8代藩主永井直荘は、藩庁を櫛羅に移して陣屋を建設。
以後、大和新庄藩から櫛羅藩となっています。
この陣屋の移転に関しては、直荘が若年であることから、
先代永井直幹か重臣らの主導で行われたものでしょう。

ちなみにこの櫛羅藩の永井宗家は、
織田信長の重臣池田恒興を討ち取った永井直勝を祖とし、
恒興の次男池田輝政徳川家康の次女を娶る際、
直勝を呼んで父の死様の様子を聞いたとされ、
その当時の直勝の石高が5千石と聞き、
父の首は5千石程度の価値かと嘆いたという。
その後、輝政は家康に直勝の加増を働きかけ、
直勝は後に7万2千石を領するに至りました。
もちろん直勝自身の力も大きかったようですが、
何らかの力は働いていたと思われます。


櫛羅陣屋跡」。
陣屋は岸野山という丘陵に建てられていました。
私有地のようで中には入れませんし、
遺構もあまり残っていない様子。しかも雨。
周辺の九品寺や民家に玄関が移築されているようです。

櫛羅に陣屋を移した直荘でしたが、
慶応元年に20歳で死去。
跡は養嗣子の永井直哉が継ぎ、
藩主として初の領内入りを果たしました。
鳥羽伏見の戦いの後、直哉が上洛して参内。
新政府に恭順しています。

【櫛羅藩】
藩庁:櫛羅陣屋
藩主家:永井宗家
分類:1万石、譜代大名(定府)

■関連記事■
岐阜県岐阜市 加納城跡
 同族の加納藩永井家の居城跡。
大阪府高槻市 高槻城跡
 同族の高槻藩永井家の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。