福島県いわき市 良善寺(磐城平藩安藤家墓所)

良善寺は磐城平藩主安藤家の菩提寺。
譜代藩主家の墓所の多くが江戸にあるのと同じく、
安藤の墓所も元々は江戸にありました。
初代安藤信成の墓は、品川区の定恵院に現在もあり、
2代以降は杉並区の栖岸院にあったようですが、
平成2年に2代以降の墓が良善寺に移葬されました。


いわき市平周辺(良善寺の場所)

山門には戊辰戦争時の弾痕が残っており、
新政府軍が磐城平城攻めの際、
良善寺も攻めていた事が窺えます。


良善寺山門」。
山門は急な石段を登ったところに建てられており、
銃撃は石段から上に向かって行われたようです。


門扉の弾痕。
数箇所の弾痕があり、どれも貫通していることから、
官軍の強力な銃であることがわかります。


良善寺本堂」。
見た目に新しいので当時のものではないでしょう。
上記地図でもわかるように、磐城平城からほど近く、
攻城の拠点のとするのに格好な場所であり、
防戦方の磐城平藩からしても出城として使用できましたので、
官軍がここの制圧に動いた理由もわかりますね。


安藤家歴代墓」。
本堂裏手の少し高くなった場所にあります。
藩主であり老中にもなった安藤信正ですが、
個人の墓標はなく歴代墓となっています。
新政府に遠慮したという事でしょうか?

安藤家墓所の裏手には、
磐城平藩士らの墓が集められています。

為戊辰戦死者追福改葬淨地」。
旧藩士らの親睦会である平安会の手により、
各地より戦死者の墓が集められ、
ここに改葬されたようです。


舊平藩戊辰殉難者墓地」。
戦死した54名の磐城平藩兵の墓が並びます。
現在も戊辰戦争戦没者慰霊法要が行われており、
ここには藩士だけでなく、農兵や人夫も含められており、
長州藩の招魂場に通じる精神が感じられました。

福島県いわき市 松ヶ岡公園
 松ヶ岡公園には安藤信正の銅像があります。
福島県いわき市 性源寺(戊辰戦役戦没者之墓)
 性源寺は新政府軍の野戦病院となりました。
福島県いわき市 磐城平城跡
 磐城平藩安藤家の居城。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。