福島県いわき市 性源寺(戊辰戦役戦没者之墓)

松ヶ岡公園の東側の階段を下ると性源寺があります。
ここは戊辰戦争時に新政府軍の野戦病院となった寺。


松ヶ岡公園南側周辺(性源寺の場所)

階段を下りきると性源寺の駐車場があり、
洋風の建物(住職宅?)の脇を抜けると本堂です。

性源寺本堂」。
本堂が野戦病院として利用され、院長の関寛斎を筆頭に、
15名の医師がここで敵味方問わず治療しという。


奥州出張病院跡」碑。
院長の関寛斎は、佐倉順天堂佐藤泰然に、
長崎でポンぺに医学を学んだ後、
徳島藩の典医となった人物。
敵・味方問わぬ施療行為は赤十字精神の先駆とされ、
その功績は軍医総監男爵にもなれるほどであったが、
戦後はその立場を捨てて徳島で町医となり、
庶民に対する医療活動に尽くしました。

晩年は全財産を投入して北海道陸別を開拓。
地域の人々の為に尽くしますが、
自作農をめぐる確執から服毒自殺してしました。

司馬遼太郎の「胡蝶の夢」は、
松本良順と共に関寛斎が主人公です。


戊辰戦役戦没者之墓」。
本堂正面の左側に新政府軍の墓が集められています。
因州(鳥取)藩6名
芸州(広島)藩10名
長州藩2名
伊勢(津)藩2名
岩国藩1名
下総(佐倉)藩1名

奥州出張病院に運ばれ戦病死した官軍兵の墓。
敵味方を問わず治療しているはずですので、
列藩同盟軍の戦病死者は、遺族が引き取りに来たのでしょう。

福島県いわき市 松ヶ岡公園
 松ヶ岡公園には安藤信正の銅像があります。
千葉県佐倉市 佐倉順天堂記念館
 関寛斎は佐倉順天堂に学んでいます。
福島県いわき市 良善寺(安藤信正墓所)
 安藤信正の墓と磐城平藩兵の墓地。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。