千葉県佐倉市 佐倉順天堂記念館

佐倉訪問で最後に訪れたのは「佐倉順天堂記念館」。
その名のとおり佐倉順天堂の一部が保存され、
当時の医学書や医療器具などが展示されています。


佐倉順天堂記念館」。
開業当時は成田街道の道路向かいにありましたが、
安政5年にここに移転し、その後拡充されました。
現在残る建物は診療棟の一部にあたります。


佐藤泰然先生」胸像。
庭には佐藤泰然の胸像や、
関係者のレリーフが置かれています。


松本良順先生(右)」「林董先生(左)」レリーフ。
松本良順は泰然の次男で、蘭医松本良甫の養嫡子となり、
幕府より長崎伝習之御用を命じられ、
長崎海軍伝習所で蘭軍医ポンペに蘭医学を学びました。
その後、奥詰医師となり西洋医学所頭取に就任。
将軍侍医として徳川家茂の治療も行っています。
また新撰組近藤勇とも親交があり、
負傷者や病気の隊士の治療も行いました。
戊辰戦争では旧幕府軍軍医として負傷者の治療を行い、
仙台で降伏後は一時投獄されますが、
出獄後に早稲田で蘭疇院を設立。
山縣有朋らの薦めで兵部省に出仕し、
帝国陸軍初代軍医総監となっています。
明治40年に死去。

林董は泰然の五男で、御典医林洞海の養子となり、
泰然と共に横浜に移住し、ヘボン塾で英語を学びました。
慶応2年には幕府の留学生として英国に留学しますが、
帰国後に幕府が崩壊。
縁戚の榎本武揚に従って箱館戦争に参加しています。
敗戦後は、兄松本良順の紹介で陸奥宗光の既知を得て、
陸奥の神奈川県知事赴任に伴い県庁へ出仕。
その後、岩倉使節団に加わって再び留学しました。
帰国後は、工部大学校設立に参加。
以後は工部省に出仕し、工部省が廃止されると、
新設の逓信省大書記官として就任。
明治24年には外務次官として外務省へ移り、
旧知の外務大臣榎本武揚や陸奥宗光の外交を支え、
日清戦争の処理では、特命全権公使として赴任。
ロシア公使イギリス公使を歴任しました。
日露戦争後、初代駐英大使に任命され、
第二次日英同盟を締結。
西園寺内閣では、外務大臣や逓信大臣を務めています。
大正2年に死去。


佐藤尚中先生」レリーフ。
佐藤尚中は泰然の養嫡子で、
松本良順や林董ら優秀な実子かいる中、
佐藤家を継いで佐倉順天堂の二代目主宰となります。
尚中は小見川藩藩医山口甫僊の次男として生まれ、
鳥羽藩侍医であった安藤文沢に師事し、
文沢の勧めで泰然が江戸で開いていた和田塾に入門。
泰然にその才能を認められて養嫡子となりました。
また、長崎に遊学してポンぺにも学んでいます。
慶応3年には、佐倉養生所を開設しますが、
戊辰戦争のあおりで閉鎖。
維新後は新政府の要請で大学東校に出仕し、
初代校長となった他、侍医長にもなっています。
明治8年、順天堂医院を開設。初代院長に就任しました。
明治15年に死去。


佐藤進先生(右)」「佐藤志津先生(左)」レリーフ。
佐藤進は尚中の養嗣子。佐倉順天堂で蘭医学を学び、
尚中の娘志津と結婚して佐藤家を継ぎ、
戊辰戦争では新政府軍の軍医として従軍し、
白河三春野戦病院頭取に任じられています。
戦後は海外渡航免状第1号を得てドイツに留学し、
ベルリン大学医学部で、アジア人初の医学士学位を取得。
帰国後は順天堂医院の医師として働きました。
西南戦争では軍医監に任命され、
陸軍臨時病院長として大阪に出張。
明治12年には陸軍本病院長に就任しましたが、
翌年には辞任して順天堂医院に復帰しています。
日清、日露戦争でも軍医監に任命され、その都度出張。
大正10年に死去しました。

佐藤志津は尚中の娘。
順天堂の塾生高和東之助(進)を婿に迎え、
順天堂での治療や軍医で多忙であった夫を支えました。
婦人会活動に参加し、高橋瑞子吉岡弥生を支援。
横井玉子からの支援要請にも応じて、
私立女子美術学校に出資し、
2代目校長にも就任しています。
大正6年に死去。3代目校長には夫の進が就任しました。


記念館には佐倉順天堂の沿革や、
手術道具が展示されています。
当時は現在の敷地の8倍の広さがあったという。
面白いのは治療の料金表で、
切り傷治療から帝王切開まで、
色々な治療の料金が書かれています。
他にも失敗しても恨まないという証文も展示されており、
なかなか楽しんで拝見できました。


順天堂病院」。
記念館の隣には、順天堂医院が現在も続いています。
佐藤尚中が新政府の要請で東京に移り住んだ後も、
尚中の養子佐藤舜海が佐倉順天堂を継ぎ、
順天堂医院として現在で7代続いているという。
これは素晴らしい事ですね。

■関連記事■
千葉県佐倉市 宗圓寺(佐藤泰然墓所)
 佐倉順天堂創始者佐藤泰然や藩医佐藤尚中の墓所。
千葉県佐倉市 佐倉藩総鎮守 麻賀多神社
 麻賀多神社の向かいは、佐倉養生所があった場所。
福島県いわき市 性源寺(戊辰戦役戦没者之墓)
 門下生関寛斎が軍医をして派遣された野戦病院。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。