千葉県佐倉市 宗圓寺(佐藤泰然墓所)

現在の順天堂大学学祖であり、
佐倉順天堂創始者でもある佐藤泰然
彼の墓所である宗圓寺へ。

宗圓寺」。
宗圓寺は松本藩主であった堀田宗家初代堀田正盛が、
実弟脇坂安利の菩提を弔う為に創建した寺。
正盛が佐倉へ転封された際に、佐倉に移転しました。
※安利は飯田藩脇坂家に養嫡子として迎えられましたが、
 家督を相続する前に早世した人物。



贈従五位笠翁佐藤先生招魂之碑」。
本堂向かって左手の壁際にある佐藤尚中の招魂碑。
尚中は佐藤泰然の和田塾に入門し、
泰然の養嗣子となっています。
優秀な実子(松本良順林董)がいたにも関わらず、
泰然は尚中を養嫡子に迎えました。
尚中は佐倉順天堂をさらに発展させ、
佐倉藩藩医として佐倉養生所を開設。
維新後は、新政府に招かれて大学東校教授に就任し、
さらに明治天皇大典医にもなっています。
後に東京に順天堂病院を開いて初代院長となり、
現在の順天堂大学の基礎を作りました。


佐藤家墓所(史跡佐藤泰然の墓)」。
本堂裏にある佐藤家の墓所。


従五位佐藤舜海之墓」。
佐藤尚中の墓。舜海は尚中の名で尚中は号です。
尚中については前記していますので省略。


贈従四位佐藤泰然之墓」。
墓所の奥側にある佐藤泰然の墓。
泰然は天保義民事件に関わった公事師佐藤藤佐の子で、
父とは違い蘭医学を志して足立長雋高野長英に師事。
両国に蘭医学を教える和田塾を開きました。
※当時は母方の姓である和田を名乗っている。
佐倉藩主堀田正睦の招きに応じて佐倉に移住し、
病院兼蘭医学塾「佐倉順天堂」を開設。
佐倉は泰然には無縁の地で、身内がいたわけでもない。
何故佐倉行きを決めたのかはよくわかっていません。
蛮社の獄攘夷論などの影響により、
蘭学者が江戸が住み辛くなったとも?
それならば父の関係が深い庄内藩でも良い気はしますが、
蘭癖と称された正睦の庇護を期待したのかもしれません。
※庄内藩に順天堂が出来たら面白かったですね。
とにかく佐倉に「佐倉順天堂」を開設し、
佐倉を蘭医術の最高峰に押し上げた功績は高く、
嘉永6年には、正式に登用されて藩医となりますが、
安政6年に養嫡子の尚中に家督を譲って隠居。
佐倉を離れて横浜に移り住み、
明治5年に死去しています。

■関連記事■
千葉県佐倉市 佐倉順天堂記念館
 蘭医学の最先端であった佐倉順天堂跡。
千葉県佐倉市 佐倉城跡①/
 佐倉藩堀田家の居城跡。
大阪市北区 龍海寺(緒方洪庵墓所)
 大坂の蘭学塾適塾主宰緒方洪庵の墓。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。