千葉県佐倉市 佐倉城跡①

初の千葉県の記事です。
佐倉は江戸の東に位置する要衝の地であった為、
幕府内で重きを成す譜代大名が治めていました。
ただ御多分に漏れず、譜代藩として藩主家の出入りが激しく、
江戸時代を通じて12回も藩主家が変わっています。
藩主家は3代続くことは無く転封を繰り返し、
山形藩堀田正亮老中に就任したことにより、
1万石の加増と共に佐倉へ転封して以後、
堀田家が定着して、廃藩置県までに6代続きました。

京成佐倉駅南口より西へ進み、北側より佐倉城へ。

田町門跡」。
佐倉城には主要な城門が9つあったようですが、
他の城門が二階櫓門だったのに対し、
唯一田町門だけが一階門だったようです。


水堀」。
田町門跡の左右には水堀が現存しています。
この水堀は佐倉城を一周していましたが、
現在はこの田町門跡付近の他に、
本丸側の出丸から出丸までの間に残っています。

田町門跡から愛宕坂と呼ばれた坂を登る。

国立歴史民俗博物館(椎木曲輪跡)」。
愛宕坂を登った先は椎木曲輪と呼ばれ、侍屋敷が集まっていた場所。
佐倉城は廃城後、歩兵第57連隊(佐倉連隊)の駐屯地となっており、
この椎木曲輪跡には連隊の兵舎が建てられていたようです。


椎木門馬出の空堀」。
椎木門と呼ばれる二ノ丸への城門前の馬出と空堀。
佐倉連隊駐屯地時代に一旦埋め立てられたものを、
掘り返して復元させたものとのこと。


二ノ丸御殿跡」。
佐倉藩の歴代藩主(堀田家以前も含む)は、
本丸御殿ではなく二ノ丸御殿に住んでいたという。
本丸御殿は徳川家康が休憩に来て以来、
恐れ多いということで、年始五節句以外使われす、
将軍お成り時の宿所として保存されていたようです。
もちろん将軍は以後、佐倉城に来ることはありませんでした。


佐倉城の敷石」。
国立歴史民俗博物館の研究棟を建設する為の発掘調査で、
佐倉連隊の兵舎の基礎が発見され、
その基礎には佐倉城の敷石が使われていたという。
廃城の際に城内の建物が取り壊され、
兵舎に転用されたものとのこと。


空堀」。
城内にはあちこちに空堀がめぐらされています。
佐倉城は「良好な保存状態」であるという事らしいですが、
石垣の城ばかり見慣れていると、ただの崖にしか見えない。
先ほどの馬出くらいに整備されてたらよくわかるのですが・・。


正岡子規句碑」。
正岡子規の詠んだ佐倉城の句が刻まれた碑。
明治27年、総武鉄道本所駅佐倉駅間が開通した際、
正岡子規は初乗りして佐倉を訪れて、
佐倉の町を散策して俳句を詠んでいます。
常磐木や冬されまさる城の跡」。
この句は先ほどの田町門跡付近の水堀あたりで詠まれたという。

二ノ丸から本丸へ。

一の門跡」。
本丸への入口。
本丸から大手門まで。本丸より近い順に、
一の門ニの門三の門と名付けられていました。


本丸御殿跡」。
本丸の敷地はかなりの広さがあります。
前記したようにここに建てられていた本丸御殿は、
将軍お成り時の宿所として保存されていたようです。


天守台」。
天守というのは、外観的には見栄えのあるものですが、
その利用価値としてはそれほどなかったりします。
大体の天守は武器庫のような使われ方だったようで、
この佐倉城の天守(三重櫓)も武器庫として使われていました。

この武器庫には装飾を施された武具も保管されていたようで、
それらを目当てに2度も泥棒に入られたそうです。
その2回目には、泥棒が置き忘れた提灯の火が火種となって出火。
佐倉城の天守は焼失してしまったという。
以後、再建される事無く廃藩を迎えました。


下総国 佐倉城天守跡」碑。
天守台にある碑。比較的新しいものです。

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。