滋賀県長浜市 宮川陣屋跡

琵琶湖東側湖畔の宮川に陣屋を構えた宮川藩は、
譜代大名堀田宗家の治める藩です。

堀田家の藩として、佐倉藩11万石がありますが、
この佐倉藩堀田家の方が庶流で、
宮川藩堀田家1万3千石が堀田宗家でした。

元々堀田宗家の初代堀田正盛は、
佐倉藩12万石を領していましたが、
次代の堀田正信が幕政を批判して乱心扱いとなり、
所領を没収されて一時断絶となっていましたが、
後に嫡男堀田正休吉井藩1万石を与えられた後、
宮川に転封となって宮川藩が成立し、
3代藩主堀田正陳の代に3千石加増になって以降、
1万3千石で明治維新まで続いています。

一方、初代正盛の三男堀田正俊は、
春日局の養子となって、後に大老まで出世。
所領も古河藩13万石を領するまでに至ります。
正俊は乱心した青野藩主稲葉正休に刺殺されますが、
以後も山形藩福島藩、また山形藩と転封しつつ、
佐倉藩11万石の藩主として維新を迎えました。


宮川陣屋跡」跡。
十一川脇に建てられた宮川陣屋の跡碑。
宮川藩主の堀田宗家は定府大名であった為、
陣屋は領内行政を行う機関としての機能のみで、
豪奢な御殿などは建てられていません。

庶流の佐倉藩堀田家が城主大名の栄華にありながら、
宗家は1万3千石の無城大名と少々物足りない。
とはいえ歴代藩主は大番頭奉行職などを歴任し、
譜代大名としての役割は十分に果たしています。

【宮川藩】
藩庁:宮川陣屋
藩主家:堀田宗家
分類:1万3000石、譜代大名

■関連記事■
千葉県佐倉市 佐倉城跡①/
 庶流の佐倉藩堀田家の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。