千葉県佐倉市 甚大寺(佐倉藩堀田家墓所)

譜代大名の多くは江戸に墓所があることが多く、
佐倉藩堀田家墓所も浅草日輪寺にありましたが、
幕末の藩主である5代藩主堀田正睦以降の墓は、
佐倉領内に建てられています。


甚大寺」。
佐倉藩堀田家の菩提寺。
由緒は不明ですが元々は山形にあったようで、
堀田家が転封された際に移転してきたようです。

裏手より堀田家墓所へ。

堀田正睦公追遠之碑」。
墓所手前の5代藩主堀田正睦の追遠碑。


堀田家墓所」。
正睦は佐倉城で蟄居中に死去していますので、
佐倉に墓所が建てられたのだと思われますが、
次代の堀田正倫以降もここに葬られたようです。


不矜院殿又新叢翁大居士」。
佐倉藩堀田家家祖である堀田正俊の墓。
家祖の墓が建てられるのはよくありますね。
正俊は堀田家唯一の大老
宗家初代堀田正盛は将軍徳川家光に重用され、
佐倉藩11万石の大名となっていましたが、
次代堀田正信無断帰城改易
その後正信の長男堀田正休が許され、
1万石を与えられ吉井藩宮川藩主となり、
細々と堀田宗家は続いています。

一方、正盛の三男であった正俊は、
お咎めを受けずに順調に出世。
5代将軍徳川綱吉の時代に大老に就任し、
古河藩13万石を与えられました。
天和の治と呼ばれる改革で成果を挙げますが、
青野藩藩主稲葉正休に逆恨みされて、
江戸城内で刺殺されています。
この件で正俊系堀田家(佐倉藩堀田家)は、
山形に転封となりました。

その後、山形藩から福島藩へ転封となり、
次代堀田正虎の代に再び山形藩へ。
再び佐倉藩に返り咲いたのは、
その次代堀田正亮になってからです。


故佐倉城主侍従従四位下紀文明公墓」。
5代藩主堀田正睦の墓。
正睦は3代藩主堀田正時の次男として生まれ、
4代堀田正愛が病弱で継嗣も早逝していた為、
正愛の養嫡子となって佐倉藩主となりました。
奏者番大坂城代に任命された後に老中に昇進。
当時水野忠邦天保の改革を進めていましたが、
正睦(当時は正篤)は改革に否定的で、
失敗を予知して老中を辞任しています。
後に老中首座阿部正弘の推挙で再び老中となり、
阿部より老中首座を譲られましたが、
阿部がそのまま実権を握っていました。
篤姫が13代将軍徳川家定に輿入れすると、
の字を憚って正篤から正睦に改名しています。

安政4年に阿部が死去した後は、
諸外国との条約政策で幕政を牽引し、
通商条約の詔勅を得ようと上洛しますが、
攘夷派の妨害や孝明天皇の攘夷主義で断念。
井伊直弼が大老に就任すると、
将軍継嗣問題一橋派であった為、
老中を罷免されています。
しかし井伊との関係は悪くなかったようで、
罷免は一時的なものであったともされます。

桜田門外の変で井伊が倒れると復帰しますが、
幕府と朝廷双方から蟄居を命じられ、
佐倉城三ノ丸に松山御殿を建てて蟄居し、
そこで死去しています。


従二位勲三等伯爵紀正倫卿之墓」。
6代藩主堀田正倫の墓。
正睦の蟄居処分により家督を譲られて、
佐倉藩最後の藩主となります。
先代正睦と違い幕政で重きを成していませんが、
鳥羽伏見の戦いで旧幕府軍が敗れて、
徳川慶喜討伐令が下ると、
上洛して慶喜助命と徳川宗家存続を嘆願。
新政府はこれを拒否して正倫を軟禁しました。
藩主不在の藩は家老平野縫殿が適切に対応し、
新政府に恭順して大多喜藩に出兵。
正倫は許されて帰国すると房総三州触頭となり、
廃藩置県後は東京に移住して宮中に出仕。
明治23年に旧領である佐倉に戻り、
農事試験場を設立して、
地域の発展に尽くしています。

■関連記事■
千葉県佐倉市 佐倉城跡①/
 佐倉藩堀田家の居城跡。
滋賀県長浜市 宮川陣屋跡
 宮川藩堀田宗家の陣屋跡。
千葉県佐倉市 佐倉順天堂記念館
 蘭医学の最先端であった佐倉順天堂跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。