千葉県佐倉市 佐倉藩総鎮守 麻賀多神社

佐倉藩の総鎮守である麻賀多神社へ。

麻賀多神社という神社は、佐倉市内に11社、
隣接する酒々井町に2社、成田市に2社、
富里市に2社、八千代市に1社あり、
古くから親しまれていた神社だったようで、
印旛沼の南東地域にのみ存在する神社でした。

総国(上総、下総)は古来より麻の産地だったようで、
「総」はを表しているという。
朝廷より多氏国造として派遣され、
その多氏が代々祀ったのが朝賀多神社で、
麻(総)国で多氏が賀す神の社」が名の由来。
佐倉の地名も「麻倉」が転じたという説もあるらしい。

江戸時代には、麻賀多神社は藩主や家臣に崇敬され、
藩主家が変わってもそれぞれの藩主家が庇護しました。


麻賀多神社」。
総鎮守というわりに、それほど広くありません。
訪問時は七五三シーズンで、
着飾った子供たちがお参りしていました。


拝殿」。
現在の社殿は、
天保14年に藩主堀田正睦が建て替えたもの。

さて、ここを訪れたお目当ての、境内にある碑。

左から「義烈之碑」「忠勇之碑」「両士記念之碑」。
中央の忠勇之碑は、
佐倉出身の日露戦争出征者を慰霊顕彰する碑ですが、
左側の義烈之碑は、
戊辰戦争から日清戦争までの出征者の慰霊顕彰碑で、
佐倉藩は新政府に恭順して戊辰戦争に参加しており、
義烈之碑には4名の佐倉藩士の名が刻まれています。

右側の両士記念之碑は、
旧幕軍として戦死した元佐倉藩士2名の慰霊碑。
佐倉藩士木村隆吉小柴小次郎は、
江戸で大鳥圭介の脱走に呼応し、
木村は彰義隊へ、小柴は草風隊に参加しました。

麻賀多神社の向かいは、佐倉養生所があった場所。

佐倉養生所跡」碑。
佐倉養生所は、
慶応3年に設置された藩営西洋式病院
藩医佐藤尚中長崎療養所をモデルに、
藩命で開設したとされており、
12俵半以下の小給藩士や領内窮民に、
治療と調薬が無料で行われていたようですが、
残念ながら明治初年に閉鎖しています。

■関連記事■
千葉県佐倉市 佐倉順天堂記念館
 蘭医学の最先端であった佐倉順天堂跡。
千葉県佐倉市 宗圓寺(佐藤泰然墓所)
 佐倉順天堂創始者佐藤泰然や藩医佐藤尚中の墓所。
千葉県佐倉市 佐倉城跡①/
 佐倉藩堀田家の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。