福島県いわき市 松ヶ岡公園

松ヶ岡公園はいわき市で最も古い公園で、
日露戦争勝利を記念して整備されました。
ここの公園に安藤信正の銅像があるようです。


いわき市平周辺(松ヶ岡公園の場所)

松ヶ岡公園のある丘陵地は、
薬王台と呼ばれ岩城氏の出城があったとされます。
岩城氏が去り、磐城平藩の時代になると放置されて、
一部の畑と竹林に覆われた山でした。


天田愚庵像」と「天田愚庵邸」。
松ヶ岡第二公園にある天田愚庵の住居。
この人は有名人に次々と出会うという、
まるで漫画のような人生を歩んだ詩人。

天田愚庵は、磐城平藩士甘田平太夫の子として生まれ、
戊辰戦争で父母と妹は行方不明となっています。
上京して正院の大主記小池祥敬の食客となり、
そのツテで山岡鉄舟と知り合って禅の道を学び、
また落合直亮について国学を学びました。

小池に誘われて西国を旅しますが、
滞在中の佐賀で佐賀の乱が勃発。
関係者と間違われて投獄されてしまいます。
その際、獄中で丸山作楽と出会い短歌を学び、
出獄して長崎で旧薩摩藩士鮫島高朗と知り会い、
その紹介で桐野利秋を訪ね鹿児島に滞在。
東京に帰ると不応為罪で捕らえられ、出所後仙台の兄を頼り、
半年後に父母妹を探して、奥州各地を探索します。
東京に帰ると壮士らと交友するようになり、
これを鉄舟が咎めて清水次郎長に預けられます。
手に職を付けるため写真師を志し、江崎礼二に入門。
旅の写真師となって諸国を放浪しますが、
その間、父母妹の手がかりは見つからず。
清水次郎長の養子となって開墾事業の監督を務めるが、
事業不振により断念することとなり養子も辞退します。
その後、数職を経て禅僧となり、京都に草庵を建てました。
西国巡礼を行い、その経緯が「巡礼日記」に綴られ、
日本新聞社より出版されています。
正岡子規とも交友して、子規に影響を与えたとされています。
明治37年、死去。

山岡鉄舟、清水次郎長、桐野利秋、正岡子規・・・・
有名どころオンパレード。無名の人を大河の主役にするならば、
こういう人がいいんじゃないかと思いますね。


水竹真木君碑」。
第二公園と第一公園を結ぶ松ヶ岡橋の手前の大きな碑。
これは磐城平藩の恭順派であった真木光の顕彰碑です。

真木光は下級武士でしたが努力して学文を修め、
藩校施政堂の助教頭取となり、御徒目付・兵学師範を命じられ、
戊辰戦争時には軍事掛に抜擢されます。
世良修蔵と会見して磐城平藩に戦意のなきことを伝え
恭順の姿勢を示しましたが、旧幕府軍の白河夜襲により、
返事を得られぬまま磐城平へ帰還。

隠居の身で実権を握っていた安藤信正に恭順の利を説きますが
信正は奥羽越列藩同盟への加入を決意したため、
説得は実らず磐城平藩は抗戦することに決定しました。
抗戦決定後は、軍事掛の職務を果たすべく潔く戦いましたが、
磐城平城は陥落。戦後の事態収拾にも奔走しています。


松ヶ岡第一公園」。
現在はすこじばかりの遊具がある程度ですが、
昔は観覧車メリーゴーランドもあったらしい。
公園というより遊園地だったようです。


磐城平藩主對馬守安藤信正公」。
旧磐城平藩士達の集いである平安会の提唱により、
大正11年の建立された銅像。
先の戦争による金属類供出によって失われ、
現在の像は昭和37年に再建された2代目の銅像です。

裃姿、右手に扇子を持って、凛々しい顔で立っています。
坂下門外の変で負傷したにもかかわらず、
その直後に包帯姿でオールコックと面会するなど、
幕府を背負う気骨ある人物の雰囲気が醸し出され、
結構カッコいい銅像でした。

■関連記事■
福島県いわき市 磐城平城跡
 磐城平藩安藤家の居城。
福島県いわき市 性源寺(戊辰戦役戦没者之墓)
 性源寺は新政府軍の野戦病院となりました。
福島県いわき市 良善寺(安藤信正墓所)
 安藤信正の墓と磐城平藩兵の墓地。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。