吉田松陰2度目の江戸遊学⑥

つづき。
/////⑥

5月19日
雨。洗馬を発して潮尻に至る。
下嶺諏訪湖がある。諏訪湖を過ぎて和田に宿泊。
諏訪大社には参らず・・・。

5月20日
朝曇。午前10時頃に晴。和田を発して長久保に至る。
津和野候亀井陰州の行列に遭遇。
八幡岩村田小田井追分を過ぎて沓掛に宿泊。
※津和野藩は長州藩の隣藩ですが、
 遭遇した以外の事は記されていません。


5月19日~20日の行程。

5月21日
終日曇。沓掛を発して軽井沢に至る。
碓氷峠を越えて坂本。右に妙義山
左に榛名山を望んで安中に至る。
彦根候の行列に遭遇。碓氷川に沿って下り、高崎に至る。
高崎は松平右京亮の城下町。ここで止宿。


5月21日の行程。

5月22日
高崎を発して、倉加野新町本庄深谷を過ぎ、
宿は熊谷

5月23日
晴。熊谷を発して鴻巣に至る。
桶川上尾大宮浦和を過ぎて、で宿泊。

5月24日
晴。蕨を発して板橋白山に至る。
田邊定輔と別れ、斎藤彌九郎の塾を見学。
桂小五郎松村文祥赤根宰輔がいた。
桶町の川岸に至り、鳥山新三郎を訪ねるが、
まだ帰ってきてはおらず、北條秀英がそこにいた。
藩邸の瀬能吉二郎工藤半右衛門井上壮太郎に手紙を書き、
父や宮部鼎三松岡良哉近藤源右衛門妻木彌次郎に、
無事を知らせる手紙を書いた。
晩に新三郎が帰ってきて、また壮太郎も来て楽しく話す。


5月22日~24日の行程。

以上、松陰2度目の江戸遊学の旅の行程です。
松蔭の旅日記はこれで4回目ですが、
今回初めて全ての行程を原文から読んで抜き出しました。
※今までは書籍等を参考にしています。

この後でペリーの黒船を観に浦賀に行くのですが、
それはまた別の機会に・・・。

/////⑥

■関連記事■
吉田松陰の北浦巡視①/////
 嘉永2年の北浦巡視の行程。
吉田松陰の東北遊学①/////////
 嘉永4年の東北遊学の行程。
吉田松陰の九州遊学①////////
 嘉永3年の九州遊旅の行程。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。