一時代の終焉

当ブログは幕末維新を純粋にテーマとしたもので、
出来るだけ政治的な話は無しとしていますが、
僕が別にノンポリ(死語)だというわけではなく、
色々と思う事があるわけです。

上記のように政治的な発言は控えてるつもりですが、
コロナとか愛知の芸術祭とか、
たまに我慢ならなくて記事にしてしまう事もありますが、
今回、安倍総理が辞意を表明した事は、
一時代の終焉でもありますので、
ちょっと政策の評価云々は抜きにして触れてみます。

安倍総理が辞意を表明した事で、
これまで支持してきた方々は落胆と共に、
体調を心配すると共に、これまでの激務を推し量り、
お疲れ様」と労いの言葉を投げかけます。

批判して退陣を求めてきた方々の場合、
一般的にはこの安倍政権の良し悪しを鑑み、
政策は別として長期政権は重圧もあっただろうし、
 批判したい部分は多々あるけれど、
 とにかくこれまでお疲れ様
」。
という感覚が殆どではないかと。

しかしながら、一部では記者会見を「茶番」としたり、
逃げた」「投げ出した」だのと罵る人達もいます。
まさに死者に鞭打つ行為でその人の本質が伺い知れる。
野党にも鉾を治めて敬意を表す人と、
死者に鞭打つような人がいるようですね。

日本には「死ねば仏」というように、
一般的にはそれほど根深い恨みを持ちません。
※もちろん例外は多くありますが・・。
例えば政権が倒れた際にも、
新しい政権が一族を皆殺しにするなどせず、
一定の禊が完了すれば温情が与えられる。
墓も建てられるし、後に祀られたりもする。

これに比べて中華などでは前王朝の一族は、
易姓革命によって根絶やしにされ、
墓も暴かれたり破壊されたりする。
悪人は死んでも悪人」なわけです。
残念ながらこのような大陸の考え方が、
日本に入ってきているようですね。
※安倍総理が悪人と言っているわけではありません。
 悪人と思っている人がいるという事です。


戦っていた相手が倒れた場合、
倒れた相手に敬意を示すのか?
それとも倒れた相手を足蹴にするのか?
どちらが人として美しいでしょうか?

ーーーー
僕は安倍総理を2度拝見させて頂いた事があります。
1度目は「第24回全国龍馬ファンの集い下関大会」で、
2度目は下関の子育て応援施設「ふくふくこども館」で。
もちろん地元選挙区からの総理大臣で親近感はあります。
しかしながらそれよりも、この安倍政権の批判の為に、
山口県長州藩に関するデマがネットに多く流れ、
田布施システム天皇替え玉説など、
呆れるような与太話が出回った事で、
正直政権批判に対する嫌悪感がありました。
幸か不幸か安倍総理の退陣によって、
この手のネタは少し影を薄めるかもしれませんね。

とにかく長い在任期間の激務お疲れさまでした。
ゆっくりと静養なさって下さいませ。
※死者とか死ぬとか縁起の悪い例えになってしまいました。
 関係者及び安倍総理、お許し下さい。


追記:2020/09/03
この記事をUPした2時間後、72件のスパムコメントが・・・。
名前は違いましたがIPアドレスは同一人物ですので、
誰かの嫌がらせでしょうけど、
政治的な意見は控えたつもりなんですけどね。
これだけのコメントするだけでも一苦労だろうに。
暇なんですねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。