愛知県犬山市 臨渓院(犬山城主成瀬家墓所)

臨渓院臨済宗妙心寺派の古刹瑞泉寺の塔頭で、
文明14年(1482)に創建されたという。
瑞泉寺には24ヶ院もの塔頭があったとされ、
臨渓院もそのひとつでしたが、
織田信長犬山城攻めの際に焼失し、
後に成瀬家2代成瀬正虎によって再建。
以後、成瀬家の国許菩提寺となっています。


臨渓院」。
名鉄犬山遊園駅の東側にある白山平の麓には、
瑞泉寺やその塔頭であった龍泉院などの寺院が並び、
臨渓院もその中にあります。
小さいながらよく手入れされた庭のあるお寺。

ここの臨渓院墓地に成瀬家の墓所があります。

成瀬家墓所」。
山肌を利用した臨渓院墓地にある成瀬家の墓所。
ここには初代当主成瀬正成、2代成瀬正虎
3代成瀬正親、4代成瀬正幸の墓があります。
他の当主の墓は名古屋平和公園にあるとのこと。


成瀬正成の墓」。
犬山成瀬家初代当主成瀬正成の墓。
徳川家康に小姓時代より仕え、
幕府設立時には老中も務めていますが、
家康に乞われて尾張藩附家老となっています。


手前より
乾龍院殿前布護一嶽宗無居士 神儀」2代正虎、
柏貞院殿前布護節功良忠居士」3代正親、
随峯院殿實相轉幽居士」4代正幸の墓。
生憎の逆光で良い写真が撮れませんでした。

この成瀬家墓所を守るように、
成瀬家家臣本多彦三郎の墓があります。

観岳本多雪堂之墓(右)」。
成瀬家家臣本多彦三郎の墓。
小納戸頭取御番所頭納戸役等を勤め、
八木雕らと共に家中を勤皇に統一。
犬山藩が立藩すると犬山藩権大参事に任命され、
軍務総教学校総教なども勤めました。
明治17年に死去。

法号は「大居士」ではなく「居士」。
大名の戒名・法号は「大居士」が多く、
「居士」は初めてみたかもです。
このあたりも家格の違いなのでしょうかねぇ?

■関連記事■
愛知県犬山市 犬山城①/
 犬山城主成瀬家の居城跡。維新後に立藩しました。
岐阜県海津市 今尾陣屋跡
 成瀬家と同じく尾張藩附家老の竹腰家の陣屋跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。