兵庫県姫路市 安志陣屋跡

小笠原宗家の小笠原秀政と長男小笠原忠脩は、
大坂夏の陣天王寺の戦いで壮絶に戦死。
忠脩の遺児小笠原長次が幼少であった為、
家督は秀政の次男小笠原忠真が相続します。
長次は忠真の許で養育された後、
別家に興されて龍野藩6万石に封ぜられ、
後に中津藩8万石に加増転封となりました。

しかしその後5代小笠原長邕が継嗣無く夭逝。
無嗣改易となりますが「祖先の勤労」に免じ、
弟の小笠原長興が厳封のうえで再興を許され、
1万石で安志藩が立藩します。
しかしこの長興も病弱で継嗣にも恵まなかった為、
幕府に領地の返納を申告しますが、
小笠原宗家より養子を貰う事を勧められ、
小倉藩より2代小笠原長逵が迎えられました。


安志藩陣屋跡」碑。
安志陣屋跡は現在、姫路市立安富中学校となっており、
遺構らしきものは何も残っていません。

遺構として近くの真光寺表門が移築されています。

真光寺山門(旧安志藩陣屋表門)」。
廃藩後に安志陣屋は解体されて建物は払い下げられ、
その中で唯一表門が真光寺の山門として現存。
瓦には小笠原家の三階菱が並んでいます。

安志藩小笠原家は宗家初代小笠原秀政の嫡流でしたが、
継嗣長次が幼少であった為に叔父の忠真が宗家を継ぎ、
長次は別家を興す事になります。
その後、宗家より養子を迎えた為に立場は逆転し、
小倉藩の支藩のような状況となりました。
幕末の万延元年。小倉藩8代小笠原忠嘉が死去すると、
安志藩主であった小笠原忠幹が小倉藩主を継ぐなど、
完全に本藩と支藩の関係であったようです。
※忠幹の安志藩主時代は貞幹
空席となった安志藩主は忠幹の長男小笠原貞孚が相続。
安志藩は第二次長州征伐で小倉に出兵し、
宗家と共に小倉戦争を戦っており、
小倉藩と共に佐幕的な立場でしたが、
鳥羽伏見の戦い旧幕府軍が敗れると新政府に恭順。
朝敵となった姫路藩姫路城を明け渡すと、
新政府軍の命によって城門警備を行っています。

■関連記事■
福岡県北九州市 小倉城
 宗家筋の小倉藩小笠原家の居城跡。
福岡県北九州市 福聚寺(小倉藩小笠原家墓所)
 小倉藩小笠原家墓所。安志藩主であった忠幹の墓も。