京都府京都市 佐久間象山 大村益次郎遭難地

長州藩邸東側の高瀬川の西岸に、
佐久間象山大村益次郎の遭難地があります。
彼ら2人には直接の接点が無いのですが、
何の因果か時を経て二人はこの付近で襲撃され、
非凡な才能を散らすことになりました。


木屋町通りより見る高瀬川向いの2つの碑。
佐久間象山は元治元年7月11日、
木屋町通りの路上で。
大村益次郎は明治2年9月4日、
この向いの長州藩控屋敷で襲撃されました。


象山先生遭難之碑」。
象山はこの日馬引き数人のみを共に宿所を出て、
御所内の閑院宮邸を訪ねた後、
五条の本覚寺にいる知り合いを訪ね、
その後に北上して宿所に帰っていました。
しかし三条小橋あたりで刺客2名に遭遇した為、
木屋町通りを馬を走らせて北上。
馬はその際に斬られますがなんとか走り、
御池通りの辺りで別の刺客が道を塞ぎ、
馬もここで力尽きて倒れ象山も落馬します。
河上彦斎(熊本藩)がとどめを刺したとされ、
象山の首は三条河原に晒されました。


大村益次郎卿遭難之碑」。
大村は控屋敷二階で長州藩大隊司令静間彦太郎
加賀藩出身の英学教授安達幸之助と歓談中、
2人の男が訪ねてきて萩原秋蔵と名乗り、
大村に面会を申し出ます。
来客中の為に大村は若党の山田善次郎の命じ、
「明日兵部省に来るように」と伝えさせますが、
相手は是非とも今晩面談願いたいというので、
山田は仕方なく引き返して奥に入ろうとする。
そこへ男らは奥に踏み込んで山田を斬りつけ、
奥の部屋にいる大村らに斬り掛かりました。
安達と静間は窓から飛び降りて逃げてた為、
男らは大村と間違えてこれを追い、
安達と静間は待ち伏せていた賊に囲まれ惨殺。
山田も深手を負って翌日に死亡しました。
大村は額や膝など六ヶ所に傷を負いますが、
風呂桶に隠れて幸いにも致命傷を免れます。

しかし傷口から菌が入って敗血症となり、
山口藩邸から大阪仮病院に移され、
ここで楠本イネらに看護されていますが、
病状が好転しない為に脚を切断する事となり、
その許可の詔勅が遅れた為に手遅れとなって、
手術は行われたものの容体は回復せず、
11月5日に死去しました。

■関連記事■
山口県山口市 大村益次郎墓所【再訪】
 大村は遺言により故郷の鋳銭司に埋葬。
京都府京都市 京都霊山護國神社④
 霊山護國神社にある河上彦斎の墓。