山口県萩市 天樹院跡(長州藩祖毛利輝元墓所)

毛利元就の長男であった毛利隆元は、
弟の吉川元春小早川隆景に支えられ、
父元就と共に覇権を進めますが、
謎の急死を遂げてしまいます。
隆元の長男毛利輝元は幼少ながら跡を継ぎ、
祖父元就の後見によって政務が進められ、
山陰山陽の覇者となっていきました。

織田信長による中国侵攻を迎え撃ち、
その後に台頭した豊臣秀吉に従って重きを成し、
豊臣政権五大老のひとりとなっています。
しかし秀吉の死後に行われた関ケ原の戦いでは、
西軍総大将に祭り上げられた為に大厳封され、
山陰山陽8ヶ国から長門、周防2国のみとなり、
居城であった広島城から萩に本拠を移しました。

輝元は隠居して継嗣の毛利秀就に家督を譲り、
秀就が長州藩初代藩主となっていますが、
実権は輝元が持ち続けて藩政の確立に尽力。
病を得た後に秀就に正式に家督を譲って隠居し、
寛永2年(1625)に死去しました。


天樹院跡」
輝元の隠居所跡に菩提寺が建てられ、
戒名の天樹院殿雲巌宗瑞大居士より、
天樹院と命名されました。
残念ながら維新後に廃寺となっており、
現在は敷地に輝元の墓が残るのみ。


門をくぐった一直線の先に輝元の墓があります。
廃寺前は本堂などの建物があったのでしょうが、
今は両脇に石灯籠が並ぶだけの広い敷地。
輝元はここにあった隠居所四本松邸で死去し、
そのままここで荼毘に付されて葬られますが、
それほどここが気に入っていたのでしょうか?


天樹院殿雲巌宗瑞大居士(中央)」、
清光院(左)」。
毛利輝元と正室南の大方の墓。
輝元は11歳で父の死によって家督を継ぎ、
祖父元就が後見して毛利家の政務を行いますが、
徐々に権力を移行していったようです。
輝元は初陣で尼子家を滅ぼし、
毛利家に向後の憂いが無くなった為、
元就は隠居しようとしましたが、
輝元は元就に嘆願して隠居を思いとどまらせ、
毛利家は元就の死まで二頭体制が続きました。
その後元就は死去しますが、
毛利家は両川体制を確立させており、
元就という巨星の死にも揺るぐ事はなく、
九州や四国にも勢力を伸ばし、
安芸周防長門備前備中備後美作
因幡伯耆出雲隠岐石見の12ヶ国、
および讃岐但馬播磨豊前の一部を領し、
織田信長に対抗する最大の勢力となりました。

本能寺の変で信長が倒れ、
羽柴秀吉が明智光秀を倒して勢力を拡大すると、
軍事衝突を避けて領地を割譲して講和。
秀吉の紀州攻め四国攻め九州攻めに協力し、
天下人となった秀吉に臣従しました。
朝鮮出兵にも参陣しており、
豊臣政権の五大老となっていますが、
秀吉の死により諸大名間で政治的抗争が激化。
その果てに起こった関ケ原の戦いでは、
総大将となって大坂城から指揮を執りますが、
吉川広家により毛利勢の動きが封じられて敗北。
※広家は毛利家存続の為に家康と内通。
広家の内通で所領安堵が約束されていましたが、
家康は毛利家を改易して領地を没収する事とし、
広家に長門、周防2国を与えようとします。
これに驚いた広家は改めて弁明して、
この防長2国を輝元に与えるよう嘆願。
井伊直政からも約束反故の不義を訴えた為、
家康は考え直して輝元を隠居させ、
嫡男秀就が家督を継いだうえで防長2国を与え、
毛利家の改易は回避されました。

輝元は剃髪して幻庵宗瑞を名乗りますが、
幼い秀就の後見としてそのまま実権を握り、
自身が幼少の頃に元就と築いた二頭体制を再現。
以後は徳川幕府との折衝を重要視し、
大坂の陣にも派兵しています。
秀就に正式に家督を譲渡した後に隠居し、
寛永2年(1625)に死去。
家臣の長井元房が殉死しています。


長井元房の墓」。
※戒名は墓石が浸食して読めませんでした。
長井は輝元の家臣でしたが出奔して諸国を放浪。
しかし輝元は密かに銀子を長井に与えて庇護し、
長井が帰って来ると再び召し抱えています。
後に輝元が死去すると長井は殉死していますが、
長井の可愛がっていた飼い猫は、
長井が埋葬された墓から離れようとせず、
四十九日法要の日に舌を噛んで死んでしまう。
それから長井の屋敷があった通りは、
猫町という名前が付けられたという。

猫の話に目を奪われがちですが、
出奔した家臣を支援した輝元にも驚き。
幕末期の長州藩とも通じるように思えました。

■関連記事■
山口県萩市 大照院(長州藩毛利家墓所)
 長州藩毛利家歴代墓所のひとつ。
山口県山口市 香山公園(長州藩毛利家墓所)【再訪】
 13代および14代藩主の墓所。
広島県広島市 広島城
 かつての毛利家の居城であった城。
萩市 指月城跡
 長州藩毛利家の居城跡。