山口県萩市 指月城跡

今更ながら萩城(指月城)に行ってみました。

関ヶ原の戦いに敗れた毛利輝元は、
山陽山陰8ヶ国から周防長門2ヶ国に厳封され、
本拠地である広島も奪われた為に、
新たに城を築城することになります。
山口の高嶺、防府の桑山、の指月山を候補地とし、
幕府の意見を参考にして、萩への決定されました。

幕府が長州藩を山陰へ押し込めた云われていますが、
そもそも当時の山陰はそれほど悪いわけでは無い。
※山陰地方は、浜田藩、松江藩、鳥取藩と、
 親藩・準新藩が占めています。

萩は、松本川橋本川に囲まれた三角州からなり、
実際に攻められた際には、非常に堅固な要害の地で、
城は海側に張り出した指月山を本丸とし、
梯郭式の曲輪を配置し、
三重の堀で固めた戦闘要塞として築城されています。


二ノ丸南門跡」。
指月城二ノ丸の大手門で、
現在は石垣のみが残されています。


毛利輝元公像」。
毛利輝元は長州藩の藩祖。
中国地方の覇者毛利元就の孫で、豊臣政権五大老
関ヶ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ出された為、
隠居させられて、大幅な厳封となっています。
嫡子毛利秀就が初代藩主となってからも、
実権は輝元が握り、そのまま藩政に関わりました。
大坂の陣の際には家臣内藤元盛を改名させて、
大坂方に送ったともされていますが、
元盛の個人的参戦とも云われ、定かではありません。

南門を進むと、萩焼の窯元が数件立ち並んでおり、
それを過ぎると本丸に至ります。

内堀天守台」。
萩城といえばこの風景ですね。
天守閣の写真も残されています。

極楽橋を渡ると本丸で、ここからは有料
本丸は指月公園として整備され、
歴代藩主を祀る志都岐山神社もあります。


本丸門を過ぎると参道が伸びており、
志都岐山神社の大きな鳥居が現れる。

この参道脇にはいくつかの石碑が建っています。

贈正四位前田君碑」。
甲子殉難十一烈士の一人前田孫右衛門の顕彰碑。
吉田松陰や村塾生らと親交があり、
松陰が安政の大獄で江戸に檻送された際の、
最後の手紙は、前田に宛てたもの。
椋梨藤太ら俗論党が台頭すると捕えられて、
他の攘夷派官僚6人と共に処刑されています。
この碑は、大正5年に前田の子孫が建立したもの。


西村秀造翁頌徳碑」。
西村秀造奇兵隊出身の実業家藤田伝三郎の甥で、
王子製紙小田原電気鉄道日本窯業
日本瓦斯などの創立に関わった人物。


児玉花外詩碑」。
児玉花外は「社会主義詩集」「ゆく雲」などの詩集や、
明治大学校歌」の作詞者として知られ、
熱血詩人と称された人物。
長州の幕末志士ゆかりの地をめぐり、
多くの詩を発表しました。
三百年の萩の花 一たび揺れて血の勝利
幕末長州藩がこの一文に約されていますね。


近藤元統の碑」。
城が建てられる前の指月山には、
近藤元統の屋敷があったとされています。
元統の孫近藤露竹の代に輝元に献上されました。


萩城跡碑」。
本丸中央あたりに建立された記念碑。
最後の藩主毛利元徳の子毛利元昭が建てたもの。


花江茶亭」。
毛利敬親が三の丸の別邸花江御殿に建てた茶庵。
敬親はこの茶庵を「自在庵」名付けました。
本丸内に移築されており、
少し前までは内部観れたようですが、現在は外観のみ。


質素な造りの茶庵ですね。
敬親はこの茶庵で家臣らの献策を聞いたという。


梨羽家茶室」。
寄組3000石梨羽家の別邸を移築したもの。
指月城内の年末大掃除の際は、
藩主は城を出て重臣の邸に避難する慣例があり、
藩主が一時的にこの茶室で休憩したことから、
別名「煤払いの茶室」と呼ばれたようです。


詰丸」への登山口。
萩城は指月山の山麓の本丸から、
二ノ丸、三ノ丸と梯郭式に続く城ですが、
有事の際に籠城する「詰丸」が山頂にあります。
この「詰丸」にも本丸、二ノ丸があり、
平時でも6~7名の番兵が詰めていました。
山頂まで20分掛かるということで登るのは断念。

参道へ戻って志都岐山神社へ。

旧福原家書院」。
参道側のこちらも移築した建物。
準一門家老福原家の三ノ丸屋敷にあった書院で、
明治15年に移築されたもの。


万歳橋」。
志都岐山神社前の庭池に架かっている石橋で、
元々は明倫館聖廟前の池に架けられていたもの。

万歳橋は滑るので脇を通れとの指示どおり、
橋の脇道を通って左側を見ると、
少し土に埋もれた石碑がありました。

馬島先生之碑」。
馬島春海は、松下村塾出身の漢学者。
高杉晋作が奇兵隊を創設するとその書記を務めますが、
辞任して萩で漢学塾晩成堂を開き、慶応元年頃には、
松下村塾で指導にもあたっていました。
この碑は門下生が建てたもののようです。


吉田松陰や奇兵隊書記の文字が見て取れますね。

参道へ戻ると、少々変わった形の井戸があります。

楫取素彦寄進の井戸」。
楫取素彦寄進の井戸。
明治12年の群馬県令時代のものですね。


志都岐山神社拝殿及び幣殿」。
毛利元就毛利隆元及び、歴代藩主を祀る神社。
山口にある豊栄野田両神社の分社として、
本丸敷地内に建立されました。


初めて来たのにどこかで見たことがある風景。
「花燃ゆ」で久坂がおみくじ引いた場所です。
もちろん当時は志都岐山神社などありませんし、
本丸のあった場所なんで、
久坂も文も足を踏み入れる事もできない場所です。

さて、本丸跡の指月公園を出て二の丸東側の銃眼土塀へ。

銃眼土塀」。
昭和40年に一部復元された土塀。
海岸からの攻撃に対する土塀ですね。

毛利輝元入城より藩庁が置かれた萩は、
人口4万人を超える城下町となります。
しかし幕末の文久3年。
情報伝達に有利な中央の山口に藩庁を移しました。
これは幕府の許可を得ずの移転であり、
藩主の湯治を理由としたもので、
移転した後に幕府に報告しています。

元治元年に第一次長州征伐から俗論党政権が台頭した為、
一時的に萩に政府が戻りましたが、
高杉晋作のクーデターで、再び山口で政府が運営され、
討幕に向けて動き出すことになるわけです。

【長州藩】
藩庁:指月城(後に山口政事堂に移転)
藩主家:安芸毛利宗家
分類:36万9000石、外様大名(国持)

■関連記事■
山口県山口市 山口政事堂跡
 長州藩が幕末期に藩庁を山口に移転。
萩市 女台場跡
 指月城東側の菊ヶ浜とそこに設置された台場。
萩市 明倫学舎
 藩校明倫館に続く旧明倫小学校跡は明倫学舎として保存されています。

2 thoughts on “山口県萩市 指月城跡

    1. kii 投稿作成者

      >西村秀造の末裔です様
      ご訪問ありがとうございます。
      ご先祖様を記事にさせて頂いております事、ご容赦くださいませ。
      是非ともまたご訪問下さいます様、おまちしております。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。